「食」は果たして安全か?【生きる基本の「食」を見直す意識】

私たちは何かしら毎日食べています。

「食」は生きる基本ですね。

食事をする以外でも、水を飲んだりお茶したり、果物やデザートを頂いたり。

お酒がいける人は、仕事の後の1杯が至福の時だったりします。

家族や恋人・仲間・友達との食事・・「食」は楽しみでもありますね。

その「食」が果たして安全なのか?・・と考えたことはありますか?

健康であることはひとつの「責務」

私の夫は、2000年に癌で亡くなりました。

余命宣告されてから8か月ほどでした。

一人息子だったのに、親よりも先に先立ち・・二人の小中学生の息子と私を置いて逝きました。

義父母の悲しみは如何ばかりだったか・・

私は悲しい気持ちより、家族に対して「本当に無責任だ」と正直言って腹立たしく思いました。

健康であることは、家族として大切なひとつの責務であるように思いました。

病気になって、苦しんだり辛い思いをするのはもちろん本人です。

光花

病気になっても誰も代わってはくれません。

それに加えて、体調をくずしたり病気になった本人だけでなく、周りの人にも多かれ少なかれ何かしらの負担をかけます。

だから、

  • 健康でいられるように普段から気をつける」こと、「自己管理すること」がどれだけ大切かを思い知りました。
  • 健康の大切さ・ありがたさが身にしみてよく分かりました。

自分の健康はもとより、大切な人にはなおさら健康であって欲しいと願います。

健康について学び知った体験

時を同じくするように、お客様から勧められた商品を使っていました。

何度も誘っていただいてもお断りしていたのですが・・

夫が亡くなってしばらくして断り切れなくなったある日、

誘われた集まりに参加して・・それから徐々にネットワークビジネスに関わるようになっていきました。

縁した会社の理念、社長の人柄、関わる人・・そしてもちろん商品が大好きで、

今は愛用者ですが縁したことに感謝しています。

色々な学びを頂くようになった、私の一つのきっかけです。

縁した会社は世界中から最高の原材料を厳選・使用し、

最高品質の長く使っても安心・安全な商品を提供することに、とてもこだわっていました。

自分はもとより家族や関わる大切な人たちにも

光花

「安心・安全な物を使って欲しい」

「いつまでも健康であって欲しい」

そう思い、自分だけでなく家族全員でその会社の商品を愛用するようになりました。

おかげさまで、いろいろと助けられたことが沢山あると思っています。

私がサプリメントを摂り入れはじめたのは、

長年便秘薬を常用していたので、薬に頼らなくても自然なお通じがあるようにしたいと思ったからです。

突然おそわれる原因不明の体調不良もあったのですが、徐々に改善していきました。

MLMに関わるようになった頃、サプリメントの認知度はそこそこでしたが、

今では当たり前のように販売されるようになりましたね。

私はここ何年も基本健診の検査に行くぐらいで、ほとんど医者にかかることはありません。

光花

私はこれからも健康をできるだけ維持していくように、自己管理を心がけます。

それは自分の健康のためだけじゃなくて、周りのためにもなることだから。

なぜサプリメントが必要になるのか?

縁した「美容と健康をお伝えする」MLMの数々の集まりに参加するようになって、

多くの体験談をうかがったり、知らなかったことを沢山教えて頂きました。

はじめの頃に知った、主なポイントを3つお伝えします。

当初 知った主な3つのポイント

  • 野菜の栄養価が下がってしまっている。
  • 原料が石油系の界面活性剤のものは安全ではないし、環境にも悪い。
  • 水道水に含まれる塩素は、食物の栄養素を壊す。

界面活性剤の件は、おもに洗剤に含まれるもの。

水道水の件とともに「安全な食」との関りがありますが、ここでは「野菜の栄養価の低下」について話をすすめます。

サプリメントを私が摂り入れるようになったのは、

  • 野菜の栄養価が下がっているなら、同じように食べていても栄養が摂れないから、補っていく必要がある。
  • 栄養バランスの取れた食事をするのは中々大変だし、サプリで手軽に摂れるなら簡単だ!

と思ったからです。

コンプライアンスが厳しくなる前だったので、

縁した会社のサプリを試した体験談をバンバン聞いていました。

だから安心して使うことができましたし、事実として自分自身の体調は改善していきました。

それから段々と各社からサプリメントが販売されるようになっていきました。

今では数知れぬほど商品が増えましたね。

お店に並んでいるだけの商品をみて、何が本当に良いものなのかは分からないでしょう。

一応MLMに関わってはいたし、サプリもそれなりに必要だと思っていましたが、

光花

なぜ 野菜の栄養価が下がってしまったのだろうか・・?

そもそも なぜサプリメントが必要になるのか?

と、あるとき疑問に思ったのです。

その原因が改善され、日常の食生活できちんと栄養が摂取できれば、サプリメントは必要ありませんよね。

サプリメントを勧めるより、そっちのほうが重要なのではないか?

サプリメントを使ってより健康になる人はいいけれど、

みんながみんな、サプリメントを摂ったからといって健康になるわけでもない。

商品の良し悪しもあるし、

同じ商品を使っても、結果の出かたは人それぞれ。

サプリを摂らなくても元気な人は元気だし、

サプリを摂っても病気になる人はなる。

やっぱりすべての人がより健康に近づくためには、根本的な原因を改善していくのが最善なのではないか?

行きつくところは、やはり根本原因を知って、そこを変えていくのが「みんなが健康になる道」だと思ったのです。

野菜の栄養価が低下した原因

私はこれまでいろいろな疑問をもち、様々な事象の根本原因を知ることから始めて、解決策を模索していく中で知ったことが沢山あります。

「健康」や「安全な食」に関しても、学びを深めてきました。

幸せな人生には欠かせない「健康」

これからの未来の創造にとって必要になる 安全な「食」

それに関わってくる、「野菜の栄養価が下がってしまったのはなぜか?」の、原因となっていることをお伝えします。

当たり前ですが、野菜などの育つ場所は田畑である「土」です。

そして植えるのは「種」です。

その「土」と「種」に問題があるのだとわかりました。

「土」に関して

なぜ野菜の栄養価が低下してしまったのか?

< 原因 1 >

「農薬」や「化学肥料」の使いすぎ

一般にスーパーで売られている野菜は、形が揃ったキレイなものしか出荷できない規定があります。

これだけの化学肥料と農薬を使って下さい・・といった決まりがあり、

それを守らないと納品ができません。

化学肥料や農薬を使わないと流通できないような仕組みになっているのが「原因」です。

それが一般的になっているから、当たり前のように化学肥料や農薬を使っています。

「土」にはもともと、自然のうちに育む力が備わっています。

「菌」や「微生物」が働いてくれています。

ですが、

農薬や化学肥料の使いすぎでそれらの働きが損なわれ、「土」が死んでしまっているような状態なんです。

肥沃な土壌があってこそ、本来の栄養素をたっぷりと蓄えた農作物ができるというものです。

出荷するものには使用して、自分の家で食べるものにはそういうものを使わずに別に作っている・・という農家があると伺ったことがあります。

わかっていて、使わざるをえない状態なんだと思います。

植物が育つ土壌が重要

  • 「土」には沢山の菌や微生物の働きによる「育む力」が本来そなわっている。
  • 農薬や化学肥料の使いすぎで それらの働きを損ね 土壌が死んでしまう。
  • 肥えた豊かな土壌から 栄養価が高い農作物は育つ

「種」に関して

なぜ野菜の栄養価が低下してしまったのか?

< 原因 2 >

1期限りで終わってしまう「種」を使用する

(F1と言うそうです)

ワンシーズンで終わってしまう”種”って、おかしくないですか?

普通に考えても・・植物は育てば実がなり「種」が出来ます。

“種”のできの良し悪しはあるにせよ、”種”ができなかったらその種は滅んでしまいます。

それなのに”種”のできない1期限りの種」を使用して、毎年「種を購入」して育てているんですよ。

品種改良することを全否定はしませんが・・

光花

「種のできない”種”」なんて、実に不自然だと思いませんか?

光花

そんな「種」から出来たものを食べていたら、人間も子供が出来にくくなっちゃうんじゃないか?

と思ってしまいます。

自然の営みの中で生まれる「種」であってこそ、栄養素も十分な作物が育つのではないでしょうか。

遺伝子組み換え食品なんて、おかしさの極みだと思います。

「種」について参考になる”CGS”番組がありますので、ぜひご覧になってみて下さい。

『じっくり学ぼう!日本の健康と予防医学』

第18回 種の未来は危ない!?雄性不稔のリスク 【CGS 松浦智紀】

https://youtu.be/WXX6xhUxJqI

安全性よりも利益が優先

なぜ野菜の栄養価が低下してしまったのか?

< 原因 3 >

自然をないがしろにし 利益が優先の流通の仕組み

  • 自然をないがしろにして、おかしな企業や組織が安全性よりも利益優先の仕組みを作る。
  • それがいつの間にか一般的な常識になり、安全でないものを普通に使い販売する。
  • 利便性が優先され、消費者は何の疑問ももたずに「栄養価が下がってしまった安全でない食」を購入して食べている。

そういうことが原因となって、私たちの「健康」にも影響がでていると私は考えています。

光花

虫も食べないものを、人が食べて安全なんでしょうか??

昨年“種子法”が国会で通りましたが、しっかり情報をえて対処しないと、とんでもない事になる可能性があります。

モンサントとか調べてみて下さい。

外国で実際にあった事象などを知ると、”種子法”って大丈夫なのか?と疑問に思ってしまいます。

「健康でありたい」と思うなら、一般の消費者が現状をもっとよく知って「安全な食」を意識して選ぶことで、

企業側が「安全な食」しか売れない・・と思うような方向にもっていくことです。

「安全な食」が提供されるような仕組みができるのは、そういう一般消費者の意識からなのです。

安全な「食」を出来るだけ自給自足する

輸入すれば、世界の食材が食べられるようになったことは、豊かさでもあるので否定はしません。

ただ輸入に頼るあまりに、自国での食糧自給率が下がることは懸念すべきでしょう。

輸入の管理に詳しいわけではないですが、

輸出入は他国との外交関係や、企業間の利害関係などが深く関わっています。

もし何か問題が起きて、輸入を止められる・・って、絶対にないとは言えません。

韓国での問題が今あるみたいに、いつどうなるかなんて、一般の者には分かりません。

戦国時代には「兵糧攻め」があったでしょう。

万が一・・

考えたくはないけれど、輸入を止められるようなことになると・・

「食」を絶たれることが、人にとっては一番の致命傷なんですね。

そんなことがなくても、

自国で 安全な食料が 安心できる量を確保できれば良いと思いませんか?

日本の国民の存続、安全保障にも関わってくることなのです。

農業のあり方、農業の発展と継続は、今後ますます重要になってくると思います。

学びを深められる”CGS”番組のご紹介

知れば知るほど奥深いし、根深い点もあるのですが・・

先にお伝えした”CGS”番組で、松浦智紀さんは12回~20回まで出演されています。

世界の食・日本の食と農の現状や、農薬や遺伝子組み換え食品に関するお話も伺えます。

ぜひご覧になられることをおススメします。

他にも「健康と食」に関係する番組は沢山ありますが、

実際に農業を20年されていらっしゃる「橋本自然農苑」の橋本進さんが出演されている番組をここではご紹介いたします。

自然順応・自然尊重 【CGS 橋本進 健康と予防医学 第61回】

https://youtu.be/DfWHUzHqlaQ

自家採種  【CGS 橋本進 健康と予防医学 第62回】

https://youtu.be/uDHj0BsdGp4

食と人間と環境 【CGS 橋本進 健康と予防医学 第63回】

https://youtu.be/yJMm5e5ref4

「野菜の栄養価がなぜ下がってしまったのか?」

その原因が「土」と「種」にあることも、この番組でご理解を深めていただけると思います。

無肥料・無農薬で、こんなにもイキイキとした栄養満点のお野菜が採れるって、本当に素晴らしいです!

実際に現場に携わっていらっしゃる方のお話には、重みがありますね。

そして、自然の力の偉大さは、はかり知れない恩恵であるということもよく分かります。

生きる基本「食」の安全性を求めよう!

生きる基本の「食」を見直す

  • 「安全」よりも利便性や利益中心の仕組みにより、「食」に関わる「安全性」が損なわれている事実を知りましょう。
  • 自然栽培が一般的になっていくように、一人一人がその必要性・重要性を認識し求めましょう。
  • 本来あるべき自然の力を「食」の中に取り入れられれば、人の持つ本来の力を、もっと発揮していけます。

「食の安全性」をしっかり意識し考え、

出来るところから、何か一つでもやってみましょう。

一般の消費者が「安全でない物はNO!」と言う。

そういう動きから 改善への道が開かれていきます。

少子高齢化で、農業にたずさわる人も減少していくであろう今、ピンチをチャンスに変えられる機会と捉えることもできます。

自然と共生・調和して

喜びや豊かさを 分ちあって生きていく

そんなひとつの調和した世界を、みんなで意識を変えてワクワクしながら創っていきましょう!

“Harmony Oneness”未来像では「人として本来あるべき幸せな生き方」を追求しています。

「食の安全」は大切な基本になる項目の1つです。

自然の偉大な力をもっと活かして、その恵みに感謝して、この先々の未来へとつなげていけるように。

  • 原料が石油系の界面活性剤のものは安全ではないし、環境にも悪い。
  • 水道水に含まれる塩素は、食物の栄養素を壊す。

これらに関して書いた記事はこちらです。

あわせてどうぞご覧になってみてください。

https://harmonyoneness.com/ikirukongen-mizu-jyouka

ご縁に感謝します。

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

コメントする