大きな変化が起こる時を、新たな未来へと繋げる【逆境からの再生】

 

今年は大きな変化の年だと言われています。

節分を境に始まったとするなら、ちょうどその頃から新型コロナウイルスの報道が始まりました。

大きな変化が起こる時は、大きな混乱が生じるものだと、頭にふと思いました。

ウイルス感染が最小限で、早期に収束することを願いながら、大きな変化・時代の転換期をどう捉え活かすか考えます。

 

“安定”は”停滞”

 

「安定は停滞」だと、ずっと以前に教えてもらった事があります。

全ては常に変化していますから、常に「進化・成長」を目指していないと、停滞どころか低下するのです。

 

経済活動・企業の業績でも同じですよね。

安定しているからといって、同じ仕事をずっと続けていたら、業績の安定維持は難しいでしょう。

変化する世の中や人々のニーズに対応するよう、新たな企画を実行し変化していくからこそ、安定は保たれ業績がさらに伸びていくのです。

 

個人のあり方や、社会全体の在りようも同じです。

 

安定は基盤です。

バランスがとれて安定するのですから、安定(基盤)も大切です。

その安定を保ちながら、さらに成長するために変化させていく事で、良い循環が生まれるのだと思います。

 

良い循環を生むには

常に「進化・成長」を目指す

 

 

“循環”は”変化”していること

 

エネルギーや宇宙、自然の摂理というものは、常に循環しています。

風が吹いて、空気が循環しますね。

水も地球を循環しています。

植物が種から芽を出し成長し、やがて蕾から花が咲いて実を作り、種を残して枯れていくのも循環です。

全ての命は、生まれて死ぬという循環をしています。

 

「循環」しているという事は、「常に変化」していると言えます。

 

自然の摂理

「常に変化」させることで循環する

 

 

“破壊”と”再生”

 

循環する中で、何か大きな変化が起こる時、私は「破壊と再生」の力が大きく働くのだと思います。

家がある場所に、新しい家は造れません。

建っている家を壊さなければ、そこに新しい家は建てれませんよね。

破壊しなければ再生も出来ないと言うことです。

 

変化のエネルギーが高まっている時

変化する時には、大きな破壊がある

だからこそ大きな再生が生まれる

壊さなければ再生されない

壊れるから再生できる

 

 

“再生”のための”ステップ”

変化の時には混乱が生じる

それまで普通で日常で当たり前だと思っていたことが、全くもって通用しなくなったらどうでしょうか?

状況が激変するような出来事が起きた時、大きな不安や混乱が生じるでしょう。

それは致し方ないことです。

 

今までの大きな災害・事件や、今のコロナウイルスの影響も、そんな状態を生み出します。

再生するための、大きな破壊エネルギーであるように思います。

 

不安や混乱はあれど、再生のための試練やステップの機会と捉え、受け止めていく必要があります。

インパクトが強い出来事・物事の変化にも、冷静かつ迅速に対応する意識と、心構えを持つようにしましょう。

今はその時期なのだと思います。

 

“再生”のための試練に向き合う

混乱しても動じない強さを

冷静に対応する心構えを持つ

 

意味・メッセージに気づく

全ての出来事はベストタイミングで起こります。

それは宇宙の摂理・愛だと私は捉えています。

 

どんな出来事にも全てに意味があり、何かしらのメッセージや気づきを得るチャンスがあります。

大きな変化の時には、大きなパラダイムシフトを起こすための“メッセージ”があるはずです。

そのメッセージは、何なのでしょうか?

 

全て”必然”で”意味がある”変化するためのメッセージ

思い込み・既成概念・固定観念を

外しなさい。

手放しなさい。

無くしなさい。

囚われる必要はないのです。

勇気を持って、新たなスタートに踏み出すのです。

 

 

何が破壊され、何を再生するのか?

目指すもの・ビジョンが必要

今の時代は、日本の幕末の頃とリンクしているように感じます。

200年続いた平和で町民文化が栄えた、江戸時代の末期。

外国からの植民地支配の勢力が迫る中、様々な混乱がありました。

 

藩から日本の国家としてひとつに纏まる体制作りに、幕末の志士達は奔走しました。

「尊皇攘夷」という大きな共通の目的の元、紆余曲折をしながらも、明治維新を成し遂げました。

 

CGS番組のご紹介

斎藤武夫先生のこの歴史の授業は、小学生に実際にされていらっしゃる授業です。

当事者になって一緒に考えることで、小学生でもこんなに素晴らしい考え方が出来るようになるのですね。

尊皇攘夷を掲げ、世界に誇る無血開城へと至り、五箇条の御誓文や船中八策を具現化していった当時の偉人や出来事から、今 必要なことが見えてきます。

 

明治の日本の国作りを考えよう!【CGS 斎藤武夫 歴史の授業 第49回】

https://youtu.be/CVDxsuXcsXE

 

この時代の転換は、まさに従来の考え方や生きる世界が、180度引っくりかえったかのような、大きな時代の変化です。

 

当時と今とでは、世界との繋がりが頻繁かつ密接になり、情報量が膨大に増えました。

その情報も管理や操作をされていますが、世界中の人と繋がるツールが今はあります。

 

そんな現代にあって、この混乱する変化の最中、再生のチャンスを捉え、どう活かすかが重要です。

 

「何をどう再生するのか」

共通の目的を共有する

一致団結して目指す焦点を定めることが、再生の早道になるでしょう。

 

 

大きな時代変化の展望

中国は・・?

資本主義へと移行するだろうという甘い見方から、アメリカは中国に沢山の援助をして来ましたが、思惑は外れましたね。

中国は日本を抜いて経済大国になり、どんどん軍事力を高めて行きました。

一党独裁の中国は「一帯一路」の政策を、推し進めている現状です。

経済力と軍事力をつけた中国は、その中華思想・全体主義のもとで各国へ進出しています。

決して人道的ではない行為でも、容赦はしないしどんな手段も厭いません。

 

そんな中、武漢肺炎・新型コロナウイルスの発生元となった中国。

このウイルスは、生物兵器の開発で出来たものかも知れないと、私は感じてしまいます。

・・であるなら、地雷を自分で踏んだようなものです。

 

コロナウイルスの影響で、今は都市が封鎖され、各国にも広がって大きな経済的影響が出てきています。

 

今の一党独裁政治で、社会が良くなり多くの人達が喜びや幸せを享受できているとは、到底思えません。

 

力で支配することは、大きな力の反発を生みます。

 

一般の民衆が大切にされていない政治がなされていることを、当事者の国民が一番に知っているはずです。

人民・人々の不満や怒りが、大きなエネルギーとなって、国の在り方に反発する力になるかも知れません。

 

共産主義国家は崩壊するかも?・・と私が思うのは、それが「破壊」のエネルギーだからです。

そして新たな国家体制が再生される。

そんな流れに動き出す可能性はあると思います。

 

日本は・・?

「中国は・・?」の内容は例えであって、これは日本にも同じことが言えます。

幕末の頃のような、国の立て直し、再生の時期がきていると強く思います。

 

コロナウイルスの様々な影響が否めない状況で、今後どう舵取りをしていくか?

消費増税した後で、さらに経済に与えるインパクトは相当です。

 

政府の対応のひとつひとつがとても大切です。

その政府と自分達の生活が直結しているからこそ、ひとりひとりの参加意識が大切です。

 

覚悟と勇気を持って、今までの大きな囚われを手放すことで、再生の道が拓かれるでしょう。

憲法を改正し、独立国家として世界のリーダー的役割を担う国に、生まれ変わるチャンスへと繋げていきたいものです。

 

 

未来の生き方・ビジョンに希望を!

 

破壊と再生のエネルギーは、何も国に限ったことではなく、世界も個人も同じです。

混乱の時には、なおさら冷静さが求められるでしょう。

溢れる情報に右往左往することなく、振り回されないよう注意が必要です。

 

大きく俯瞰する視点を持って、破壊の後の再生のビジョンに希望を持つことです。

 

どんな世の中・生き方が理想か?

今までの常識や固定観念に囚われず、思うがままに追求してビジョンを持ちましょう。

 

これから、世の中・社会・人の生き方が変わっていきます。

その変化を、転換期を楽しみにするくらいの度量でいましょう。

 

恐れることなかれ。

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す