病気が増えると喜ぶのは誰?【ウイルスに負けない!日頃の健康管理】

医学や治療法が発達しても、病気が減ってはいません。

それどころか病気は増えて、さらには今回のような新型肺炎ウイルスが出てくる。

様々な事象の原因はなんなのか、一体どうなっているのか?と、様々なことがらに対してここ数年突き詰めてきました。

これまでの体験経験や学んだこと、知ったこと、気づいたことから、改めて健康管理の重要性についてお伝えしていきます。

健康意識が変化していった体験

光花

私は幼いころ、気管支喘息でした。

母の自転車の後ろに乗せてもらって医者通いをし、まずい薬を飲んでいた記憶があります。

小学校の中学年の頃には治まって来ましたが、毎年冬になると風邪を引いて発熱するのは年中行事でした。

光花

22歳で結婚して、主婦の立場として家族の健康にかかわる食事をになうようになりました。

当時は4世代7人家族。

その中でいちばん健康的だったのは、明治生まれの最長老の高祖父でしたね。

子ども達には好き嫌いをしないで何でも食べるように言ってきました。

色々な食材を使って料理をするように、心がけてもいました。

義父母はなんやかんやと体調不良があり、医者や薬局、整体院によく通っていました。

常備薬も常にたくさんあって、嫁の私から見て

光花

薬が大好きな家だな・・

と思っていました。

子どもにアレルギー症状が出た時は、評判を聞いて少し離れた診療所まで通うようになりました。

医者の注射や薬で症状は治まっても、2週間後にまた来て下さいと言われます。

光花

いつまでこの注射を子どもに打たせなきゃいけないんだろう?

症状を抑えるために、薬もずっと飲み続けなければならないのか??

・・と、疑問に思いました。

子どものことはそう思いながらも、自分のことは棚上げで、

光花

私は何年も何年もずっと便秘薬を常用していました。

そのうち私は横になっていても苦しくて眠れないような、原因不明の体調不良が時々おきるようになりました。

そしてダメ押しの主人の余命宣告・・今から20年前です。

宣告されてから8ヶ月後、一抹の希望は届かずに、44歳で主人は亡くなりました。

光花

残された義父母、そして二人の息子たち。

家族を支えていくのは私しかいない。

と思いました。

しばらくして縁あって、MLMに関わるようになったことで、美容と健康について色々学ぶ機会を頂きました。

光花

健康であることの大切さ・ありがたさが身にしみて分かるからこそ、

自分はもとより家族や、たくさんの人達に健康でいて欲しい!

そう願う思いが強くありました。

今はサプリメントが当たり前に販売されていますが、当時はそんなに普及はしていませんでしたね。

お勧めする商品を、自分が一番に取り入れながら、家族全員で愛用するようになりました。

義父は自然と寿命の時が訪れたかのように、今どきでは珍しいであろう自宅で9年前に亡くなりました。

家族ともども大病することなく過ごすことができていて、本当におかげさまと感謝しています。

一時期のようなMLMとの関わり方を今はしていませんが、美容と健康についてその頃学んだことは、

「健康」に対する”知識”や”意識”の基礎になりました。

「健康」は生きる基本

元気なうちはあまり意識しないけれど、自分や家族が体調を崩すと、健康のありがたみがよくわかりますね。

健康を願わない人なんて、いないのではないでしょうか。

しかしながら、生活する中で不摂生な習慣は、ままあることでしょう。

何にしても日々の積み重ねで、健康は成り立っていきます。

健康でありたいと願うなら、やはり日頃の意識と習慣が大切です。

どうしたら健康でいられるのか?

たくさん学んだことがあるので、単純にこうすれば良いと言い切れるものではありません。

様々なアプローチがあって、その組み合わせで健康維持は成り立つのだと思います。

基本は「食」と「運動(身体動作)」と「精神(心・気)」でしょう。

「健康」の基本は

  • 食事
  • 運動(身体動作)
  • 精神(心・気)

この3つのバランスがとれて「健康の基本」になる

新陳代謝して全ての細胞が入れ替わる期間

食べた物で体はつくられます。

食べ物が生きるうえでのエネルギー源になることは、言うまでもありませんよね。

ですから日々の食生活が健康に大きく影響します。

光花

新陳代謝して体のすべての細胞が入れ替わるのに、早くて7年。

普通は10年かかると聞いたことがあります。

そうであるなら、今の体には、7~10年前に食べた物で出来た細胞があるということです。

  • 7~10年前の食生活が、今の体調に影響している。
  • 今 食べている物が、7~10年後の健康にも影響していく。

一時的に何かで体調が良くなっても、健康を維持していくためには、身体に良い習慣を継続していく必要があります。

一朝一夕にはいかないのです。

健康を維持するための意識

  • 健康の維持は 一朝一夕にはいかない。
  • よい習慣を継続させることが必要。

体の中をデトックスする

一般的に「安全な食材」を手にすること自体が難しい現状があります。

安全でない食品が普通に流通していて、避けたくても全てを避けられるものではありません。

健康に良くない物質が、どうしても体に入ってしまうというのが現実でしょう。

食材に限らず、ウイルスだって同じです。

そういった物を体の外へ出していく必要があります。

方法は色々あると思いますが、

光花
  • 体を冷やさないようにする。
  • 水分を日常的に飲む。

私はこのふたつは日常的に心がけて実践しています。

ちなみにお水は1日5~6リットルを普通に飲みます。

便秘薬を常用していた頃は、そんなに水分は飲めませんでした。

最初は飲めなかったのを、できるだけ飲むように習慣づけていきました。

体を冷やすと代謝が悪くなります。

体を温めるようにして、さらに水分で循環させて、不要なものを排せつします。

心がけ次第で簡単にできるデトックスだと思っています。

「過食の栄養失調」という言葉を聞いたことがあります。

1日2食で良いと伺ったこともあります。

断食してデトックスする方法もあるようです。

栄養価や抗酸化作用の高い食材を食べるように心がけたり、

安全かつ良質なサプリメントで補うこともよいと思います。

サプリの商品には、健康な人が健康を維持するのに必要な摂取量が、一般的には表示されています。

商品にもよりますが、「病気を改善させようとするなら、健康維持の量では足らない」と教えてもらい、

一時期は結構な量の抗酸化物質のサプリメントを私は食べました。

体調が良くなってきたら、徐々に健康維持の量に減らしていきました。

光花

そのおかげか、医者に行くのは健康診断の検査に年に一度行くくらいです。

風邪はほとんど引かなくなりました。

インフルエンザの予防接種はもう何年も受けていませんが、インフルエンザにかかったことはありません。

花粉症でもありません。

これまでの意識と習慣の継続で、私は「免疫力」がついてきているのだと思います。

これからも油断や過信はせずに体調管理をして、健康の維持に心がけます。

「免疫力」と「抵抗力」をつける

私は今回の新型コロナウイルスも、恐れたりしていません。

情報が入り乱れ、様々な影響があって、混乱を招いている現状ですが、一歩引いた感覚で見ています。

普段から免疫力を高める意識と習慣で、健康を維持していたら、新型肺炎の報道がされても恐るるに足りません。

光花

コロナの感染がコワイと大騒ぎするまえに、

普段から健康管理をして、免疫力を高めておくことの方がよほど大切なのに・・

と、思ってしまいます。

備えあれば憂いなし

「免疫力」に大きく関わっているのは「腸」です。

光花

自分の体の働きを高めて、自然なお通じを取り戻そうと思い、

便秘薬の常用をやめて正解だったと思っています。

腸には沢山の「菌の働き」があり、免疫を司っています。

腸内環境を整えれば、病気は改善していきますし、アレルギーは軽減するでしょう。

CGSの番組をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

お腹を整えて発酵人間になろう【CGS 長沼敬憲 健康と予防医学 第70回】

https://youtu.be/lWxKt8FKPfA

長沼 敬憲 先生のお話は、第67回から第74回まであります。

生物の歴史から紐解き、生命コミュニケーションとしてトータル的に解説されますので、

通しでご覧いただくと、理解がさらに深まると思います。

こちらの「じっくり学ぼう!日本の健康と予防医学」のシリーズの中にあります。

他にもたくさんの有益な動画がありますので、ぜひチェックしてみてください。

 じっくり学ぼう!日本の健康と予防医学

「増え続ける医療費」や「食や水の安全」の問題が叫ばれる今、「食や水」「医療」「心身の健康」についてマスコミなどで流布される情報を鵜呑みにせず、自分の頭で考え、自分の健康を維持していくことの必要性は高まっている。

そのための情報提供番組。

日本の発展にかかせない日本人の健全な心身を維持するために活動されている医師や治療家、農業生産者などを中心にゲストを招き、広いテーマで健康について解説してもらう動画シリーズ。(講師多数)

普段からの健康管理に心がけ、腸内環境を整えていくことで体の「免疫力」がついて、病気に対する「抵抗力」もできてきます。

備えていれば、コロナウイルスに対しても憂うことはありませんね。

「抵抗力」低下の一因

「除菌・除菌!」と言って、除菌作用のある商品が市場に数多く出ています。

これにも、以前から私は疑問に思っていました。

洗剤・柔軟剤・ヘアケア・除菌商品・・たくさんCMされていますね。

ドラッグストアに行くと、陳列してある商品の匂いがすごくします。

光花

天然の香りは自然と癒される感じがしますが、

合成された物の匂いは「臭い」と、私は感じてしまいます。

街ですれ違うとその匂いに気づきますが、いい香りとは思えません。

コロナウイルス感染防止・予防のため、今、どこもかしこも「除菌」「殺菌」「消毒」です。

ウイルス対策で殺菌消毒が必要になることはありますが、

前から疑問に思っていたのには理由があります。

「除菌」「消毒」が どれだけ必要か?

大自然も人間も 基本的に”菌”や”ウイルス”と共生している

  • “菌”はすべて悪いものではない。

 除菌作用のある商品を過剰に使い過ぎると・・

  • “菌”に対する抵抗力を弱める可能性がある。

 根本的に必要なのは・・

  • 悪い”菌”にも負けないような「抵抗力」を、体に備えておくこと。

今は致し方ないとは言え、そんなに過剰反応して除菌をしなくても良いのではないかと思っています。

関係ないように思えるそんな事が、病気が減らない一因になっていると、私は確信しています。

「意識と習慣」を変えて健康でいよう

「病気になったら病院に行って治せば良い」という考え方はもう捨てましょう。

  • 国民健康保険で安く治療が受けられても、残りの負担分は税金で賄われている。
  • 国の医療費負担が増えれば増えるほど、国民の税負担が増える。

みんなの意識が変わっていかないと、なかなか改善していきません。

光花

病気が増えると喜ぶのは誰でしょうか?

病気が増えると、どこが儲かるでしょうか?

医学会・医師会・製薬会社などのつながり、構造的な利権が絡んでいることは否めないでしょう。

いかにも良さそうに見せるCMやニュースの裏には、意図が隠されているものです。

儲かれば、病気が増えたっておかまいなし。

そういうことが実際にあるのです。

病気になって嬉しい人はいないのに、そんなことがあってよいのでしょうか??

コロナの件でも不安をあおられ・・意図にのせられ・・誘導されないようにしましょう。

消費者はもっと賢くなりましょう。

「健康」であるために意識しよう!

  • 健康管理 は 自己管理
  • 自己責任
  • 日々の意識と習慣の継続で、健康維持を心がける

天然・自然・人間の もともと持っている力を高め活かせるように、根本的なところから変えていく必要があります。

みんなで意識を高め 「安心安全な食と健康」を社会が求める流れを作っていかなければなりません。

ひとりひとりの「ウイルスに関する認識」「健康に対する意識」が変わっていくことで、

新型コロナウイルスを早期に収束させられるでしょう。

こちらの関連記事もぜひご覧になり、考えてみてください。

https://harmonyoneness.com/anzen-syokunominaosi

健康に対してだけでなく、様々な教訓から学んで、ひとりひとりが意識の転換をし、

不安のない環境と社会を創っていきましょう!

この混乱から一転して、新たな時代の幕開けとなりますように。

ご縁に感謝します。

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

コメントを残す