願う幸せな未来の創造に向けて 【人とは一体何なのか?根本に立ち返る】

 

新年を迎え、心新たに、多くの方々はこの一年の幸福を願い祈ったことでしょう。

誰もが願うしあわせ。 人は幸せになるために生まれてくると言っても過言ではありません。

それでも生きていると色々な事があります。

悩んだり、辛い事があったり、どうしてこんな事になるのかと思うような出来事があったり・・・

私はこれまで生きてきて、そんな体験を数々してきました。

時に大泣きし、時に苛立ちに叫び、時に反発し、時に希望を見失い・・

弱気であったら病気になるか、自殺もしかねないような、そんな状況になっても、そこから学んだことが今に繋がっているのだと捉えています。

そもそも”人”とは一体何なのでしょうか? 何のために今ここにいるのでしょう?

根本を追求して行き着いた答えから、幸せな未来に向かって人が歩むべき未来の創造へ向かいます。

 

“人”という存在と全ての繋がり

 

人には体があって、何かを考えたり感じていて、何かをしています。

人間とは・・?

★ 物質としての体がある

★ 思考と感情を持つ

★ 動く

単純に言えば人ってそんなもの。

物質として存在する体は、およそ60兆個あると言われる細胞で出来ていて、7割が水分、2割がタンパク質です。

その細胞や成分をミクロ単位でみていくと、一つ一つにその構造があって、何らかのエネルギーの働きがあって、それらがくっついて形を成しています。

それは人間の体だけではなく、動物も植物も、目の前にある机や椅子などのあらゆる物、土や水や地球上に存在する全てがそうです。

目に見えるのはそのくっついた物質としての形だけれど、細分化すればエネルギーの集合体なのです。

 

「人はエネルギー体」だから、何かしらの周波数や波動を放っています。

そういうものを人によっては見える方がいらっしゃいますが、それがオーラ・・放っている光なんでしょうね。

 

私はオーラの写真を撮って頂いた事があります。

写りがチョット暗いですけど、6年ぐらい前に撮って頂いたものです。

その時、自分が話す言葉や感情で、画像が変わる様子を見ました。

自分が放っているエネルギーって、こんな風に変化するんだ・・って思ったし、体がエネルギー体なのだと納得した体験にもなりました。

そしてその時考える事・思う事や、喜怒哀楽を初めとした感情が、放つ光と連動していることも分かりました。

 

人は物質としての体があって、思考と感情があって、動いて表現しています。

それら全てに「意思がエネルギーとして働いている」と言えます。

言い換えれば、「エネルギーは意思を持っている」とも言えます。

人体だけでなく地球にある全ての物質も、同じように何かしらのエネルギーの集合体で、意思があると考えてみたらどうでしょうか?

 

全てエネルギーで繋がっている

⇔ 人 ⇔ 物質 ⇔ この地球 ⇔ 無限の宇宙 ⇔

意思を持ったエネルギーで全てが繋がっていて、影響し合っている。

 

 

 

魂の目的は何か?

 

さて、人がエネルギー体なら、魂はどこにあるのでしょう??

目に見えないことですし、私の見解でお話するので、内容はそれぞれに感じて頂けたらと思います。

 

魂の宿る場所は、主には第2チャクラの丹田ではないかと思いますが、私自身は胸の中央に感じています。

人体のエネルギーの中核をなすものが「魂」

「魂」も勿論エネルギーです。

魂は地球を取り巻く宇宙と同じように多次元世界のようになっていて、エネルギーは無限です。

元々の集合エネルギーがあって、そこから分かれたりして魂と成ります。

魂の世界は自由で、時間の概念はないし、全ての記憶を持っています。

 

そんな世界から、この物質世界である地球で、肉体を持って生きることを、自分で決めてやって来ます。

魂の意思で親を選んで胎児に宿り、目的を持って人として生まれます。

自由な世界にいたのに、何でまたわざわざ不自由とも言えるこの物質世界にやって来るのでしょう?

 

それは、人でしか味わえない事があるからです。

その最たるものは「感情」です。

「感情」は、人間でしか体験できません。

嬉しい気持ち、楽しい感じ、喜びと幸せが溢れ出て、愛に満ちた感情を、一番味わいたいのです。

 

魂の目的

元々いた魂のふるさと ⇒ 集合意識体の

一番の目的 ⇒ 宇宙の愛のエネルギーを次元上昇させること

 

 

目的の一役を担って、魂がこの地球で愛を体現するため、感情を持った人間として生まれます。

それは、その魂自身の目的かもしれないし、そのことを大切な魂に教える為かも知れません。

何かしらの目的を持って生まれてきますが、個人差はあれど、人として生を始めて数年でそのことを忘れてしまいます。

そういう仕組みになっているようです。

 

魂には、まだ魂として生まれたばかりの、ある意味新鮮で何にも染まっていない新しい魂もあれば、何度も何度も転生を繰り返して来た魂もあります。

魂によって、その成長度合いや成熟状態は違います。

それを人として見るなら、個性の違いとも言えるでしょう。

 

 

 

体験経験はアセンションへの学び

 

次元と波動

物質世界である地球は3次元世界です。

5次元世界も存在していて、移行中です。

多次元の世界は同時に存在していて、天界とか神とか高次元の存在は、3次元からは普通は見えません。

高次元から3次元は、きっと見えているんでしょうけどね。

私的には、次元は波動や周波数の違いや差だと捉えています。

 

次元と波動

低次元 ⇒ 波動が低い ⇒ 重い・苦しい感じ (波動が低いほど重苦しい)

高次元 ⇒ 波動が高い ⇒ 軽い・自由・明るく楽しい感じ 

(波動が高ければ高いほど高次元になり、透明感が増す)

 

地球が5次元に移行するには、そんな高い波動が広がって行かなくてはなりません。

 

 

放つ波動が循環する

人として成長し人生を歩んでいくに従って、魂の目的は忘れてしまうし、周りの環境に影響されて行きます。

色んな出来事があって、悩んだり苦しい思いをする事もあったりします。

それを乗り越えるからこそ、喜び幸せを感じることが出来ます。

 

そうした人としての体験経験が、様々な学び・気づき・成長へと繋がり、魂を磨き輝かせ成熟させていく事となるのです。

ちょっとした親切や、ただ笑顔で挨拶するような小さな積み重ねであっても、それらはとなって蓄積されていきます。

辛い思いや体験をした人は、その分人の痛みが分かり、愛や思いやりを持って人と接することが出来ます。

 

愛のエネルギーを循環させる

★ 与えた愛が周りに波及して行く。

★ 巡り巡って自分にも還って来る。

だから、どんな体験経験であっても、それは全てその人の魂の財産になるのです。

 

 

 

5次元にアセンションしていくために

 

今のこの物質至上主義が蔓延した3次元の地球で、自我と物欲に囚われていると、いつまでたっても5次元に移行できません。

5次元のエネルギーは軽やかで温かく、穏やかで自由で開放的です。

思ったことが現実に反映されやすくなります。

そんな5次元にアクセスするには、そういう5次元のエネルギーと自分が同調する必要があるのです。

そのような状態に成るには、どうしたらよいのでしょうか?

 

感覚を磨く

人間には五感があります。

視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚です。

美しいものを見る、匂いを感じてみる、美しいものを聞き、感謝して味わって頂き、心地よいものに触れる。

簡単に言うとそういうものに意識を向けて選択し、今感じている感覚を研ぎ澄ましていくのです。

意識して続けていくと、直感が鋭くなっていくでしょう。

第六感が働き、洞察力が高まり、本来持っている感覚を取り戻していけるのです。

 

 

本当の自分と繋がる

先に人はエネルギー体で、その中核は魂で、魂は宇宙のように多次元で無限のエネルギーだとお伝えしました。

自分の中にそれは存在しているので、自分の深い深い本心に素直に正直に内観して繋がるのです。

そのためには、雑念は捨てること。

あれやこれやと考えすぎないことです。

「感覚を磨く」で伝えた選択をして、今に集中するように意識して下さい。

人の意見や言葉は参考にしても、振り回されないように、自分自身の本心を感じ確かめて決めて下さい。

全ての答えは自分の中にあります。

ハイヤーセルフとも言う高次元の自分は、全てを知っています。

自分をしっかり内観して自分自身を信じ、魂の声に耳を傾けて下さい。

そして、全ては完璧で、既に在り、愛に満たされ静かで穏やかで安らぐ感覚を得ていくのです。

 

 

浄化する

今は化学物質やその合成物質が多すぎます。

薬・農薬・添加物・・・上げたらキリがない程にあります。

できる範囲からでも、自然や天然を活かしたものを取り入れましょう。

健全な体に健全な精神が育まれます。

自然との調和が乱れているので、様々な障害が出ています。

汚れた状態を徐々にでも回復させていかなければなりません。

浄化はもそうですが、精神(魂)環境も全て含みます。

とにかく、本来の力を最大限に発揮して活かしていくためには必要なことです。

 

ひとつひとつのテーマが大きいので詳細まで書けませんが、大枠を捉えて頂けたらと思います。

 

 

 

愛ある未来を創造する”Harmony Oneness”

 

ひとりひとりの生き方、意識の大切さは言うまでもありません。

自然の営み・細胞・エネルギーの働きがそうであるように、

違うものを受け入れ認め合い、互いを尊重し、補い合い助け合い、それぞれの良さを活かし合いながら生きていく。

全ての役割が必要とされ、感謝し感謝される喜びを、日々感じられる。

そんな愛のエネルギーが循環する生活環境を整えていくには、どうしたら良いのか?どうしたら出来るのか?

 

追求して行き着いたのが「Harmony Oneness未来像」です。

 

 

世の中は一体どうなっているのか、根本原因を知り、そこから答えを導き出そうとして学んだのが、YouTubeのCGS番組であり、神谷宗幣さん主宰のイシキカイカク大学です。

 

 

世の中が変化するスピードは増し、世界的にも様々な出来事があり進んでいく中でも、本質は普遍です。

何かのセイにして、愚痴・不平・不満を言ったり、生産性のない批判をしていても良くはなりません。

 

愛ある未来をを実現させられる精神性を、一番持っているのは日本人だと私は確信しています。

日本から愛のエネルギーを波及させていくことが、世界に影響を与えるのです。

創造する力を発揮して、本来あるべき人としての幸せな生き方へと舵を切りましょう。

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す