もうすぐハロウィンですね。

と言っても、ハロウィンに私はあんまり興味はないのですが・・

仮装して楽しむ事を否定はしないけれど、仮装した集団が練り歩いた翌日には街中ゴミだらけ・・

なんて言う報道を以前に見た事があるので、如何なものかと思う部分があります。

人生を楽しむ事は、とても大切なこと。

生きる活力になります。

しかしながら、ただ楽しいからといって迷惑も顧みず、好き勝手して遊べば良いということはないと思います。

今回は「本当の喜びを感じる生き方」を考え、7つのポイントをお伝えします。

 

喜びを感じる時

 

子供の頃の成功体験を思い出してみましょう。

補助輪なしで、自転車に一人で乗れた時。

鉄棒で、始めて逆上がりが出来た時。

転んでも、出来なくても、何回も何回も繰り返し挑戦し練習して・・

 

できた!

その瞬間が喜びです。

 

やってみたからこそ味わえる感覚です。

何でもそうですが、「できた!」という達成感は、とっても嬉しいことですね。

その達成感が喜びとなって、じゃあ次は○○をやってみようと、次のチャレンジに繋がるのです。

 

 

何でも楽しむ習慣

 

、なんとなく気になる事、思いついた事をやってみましょう。

お腹がすいたと思ったら食べる。

そんな感覚です。

 

その時に、なんとなく食べるのではなくて、

色や香りも楽しむようによく噛んで味わい、自分の感覚に意識を傾けてみましょう。

 

そして食事が頂けた事に感謝して、空腹が満たされ「良かった!できたね!」と喜ぶのです。

「美味しかった!お腹いっぱい!ありがとう、ご馳走さま!」と、

喜びの感情を素直に表し、一言声に出して言ってみると尚良いです。

 

そんなことが達成なのかと思うかも知れませんが、

そういう事から意識をして「小さなできた!」を繰り返していくと、

自分の感覚も磨かれ、何でも楽しみながら”達成グセ”もついて行くのです。

 

 

好きな事、やりたい事を見つける

 

好きな事、やりたい事が分からないという方がいらっしゃるかも知れません。

だからと言って、人生が楽しめない・・なんて思わなくても大丈夫!

見つけるヒントはそこかしこにあるのだけれど、気づいていないだけなのです。

 

子供の頃に夢中になった事、好きだった事を振り返ってみるのはオススメです。

長所や短所かと思う事、得意なこと等を紙に書き出して、

目で見て確認し自分自身を俯瞰してみると、気づくヒントになります。

そして興味が沸くこと・気になることをやってみましょう。

 

やってみなければ分かりません。

無駄なことは何一つありません。

やってみることで本当に自分の好きな事、やりたい事を見つけて行けます。

 

その時その時の、好きな事ややりたい事を楽しみながら、

一つ一つ達成し喜ぶというサイクルを、継続していきましょう。

 

やがて本当に好きな事や、どうしてもやりたいと思える事に繋がっていくでしょう。

それは、その人の使命と言えるものだと思います。

 

 

上手く行かない時

 

やってみよう!と自分で決めて始めた事が、すべて順風満帆に進むとは限りませんよね。

やってみたけれど上手く行かなかった・・なんて事はザラにあることです。

 

やりたいと思ってやってみたのに、上手く行かない時は、

どんな感情になっているか、自分の気持ちを素直に感じてみましょう。

 

やっぱりつまらなくて、熱が冷めた感じなら・・

それで止めるのもアリ。

軌道修正して、新たなチャレンジをしてみるのも一つの道です。

 

上手くいかなくて悔しいと感じるなら・・

まだまだやれるサインになるでしょう。

悔しい気持ちはバネになります。

次はどうすると良いか・・と行動すれば、更なるステップアップに繋がる道になります。

 

 

自分を試される時

 

○○しようと思うんだけど、どう思う?

家族や友達に相談しようと思い切って言ってみたのに、「そんなの無理。やめときなさい。」

ハナからそう言われてしまった。

 

そうか・・やっぱりやめとこう・・と思えばそれまで。

そうは言われたものの・・やっぱりやってみたい!と思うかどうか。

答えは自分の中にあるものです。

 

本当にやりたいなら、周りが反対したとしてもやってみる価値はあります。

本当にやりたい事なのか?・・と、試されるのです。

 

大きな使命に繋がること程、多くの抵抗が顕著に現れ、

厳しい道のりになるかも知れません。

 

本当にやりたい事は、諦めきれないものです。

だから、何度失敗しても、どんな大きな壁や障害、抵抗や反発があったとしても、

それでも諦めずに頑張っていけるのです。

歩む過程は糧となり、全てが繋がって必ず達成できる時が来ます。

 

試される道のりでの心がけ

● 厳しいと感じるような中でも自分を認めて信じましょう。

● 自分の小さな変化・成長に気づき、喜び楽しみましょう。

● 疲れた時は一休みもアリです。

頑張る時と、癒しの時間の緩急も必要です。

● 目の前のできる事から一つ一つ、丁寧に心を込めて。

● どんな状況であっても、出来るだけ前向きに進みましょう。

 

苦難とも思える道のりを乗り越えて、果たした時の喜びは格別なものとなるでしょう。

 

喜びが大きければ大きい程、自信勇気も大きくなって、

更なる新たなチャレンジへと挑み、達成していく力になります。

 

 

喜びを倍増させるもの

 

あなたの好きな事ややりたい事は、誰かの役に立つものでしょうか?

自己満足で終わらないもので在りたいですね。

 

自分のやっている事が、誰かの何かのお役に立って、

「ありがとう。あなたのおかげです。」

そう言って貰えると、喜びは倍増しますね。

 

誰かの役に立つと、感謝が還ってきます。

感謝されることは、何にも代えがたい喜びです。

やって良かったな・・と、益々やり甲斐を感じられるでしょう。

 

逆説的に考えてみた時、

周りからの行為を、感謝として自分は受け止められているか?・・と、振り返ってみましょう。

自分に感謝がなかったら、周りから感謝されるような喜びは、なかなか体験しづらいと思います。

 

誰かに「ありがとう」と言われたり、何かを認めてもらった時に、

「いえ、いえ、そんな大した事ではありません・・」などと謙遜や否定はせず、

「そう言って貰えて嬉しい。こちらこそありがとう!」と、受け取り上手になることです。

 

自分が感謝して喜ぶから、自分にも感謝と喜びが還ってきます。

自分から感謝や喜びを表現することを、意識して習慣化しましょう。

 

 

理想の自分に成りきる

 

好きでやりたい事が上手くいっている自分はどんな姿でしょう。

どんな表情をして、どんな感情で過ごしているでしょうか?

理想の自分の姿を、イメージしてみましょう。

分からなければ、憧れの人・尊敬する人をイメージしてみても良いです。

 

そして出来るだけ普段から、既にそうなっている自分になって過ごしてみましょう。

理想の自分が考えたりやっていると思う事を、そうなる前から意識してやってみるのです。

 

こういう事は知っているだろう。出来ているだろう。

そう思うことがあれば、理想の姿に近づくために色々と学んだり身につけたり、すべき事も出てくると思います。

 

理想の姿に近づいていると思えば、そういう努力も楽しんで出来てしまうでしょう。

自分らしさを表現して、自己実現を果たすことは、人生の大きな喜びになるでしょう。

 

 

本当の喜びを感じる生き方のポイント まとめ

 

本当の喜びを感じる生き方 7つのポイント

1.喜びは「できた!」という達成感。

2.小さなできた!を繰り返して楽しむ。

3.好きな事、やりたい事を見つける。

4.上手くいかない時は、自分の気持ちを素直に感じてみる。

5.試され事を乗り越え、達成した時の喜びは格別。

6.感謝が喜びを倍増・循環させる。

7.自分らしさを表現して、理想の自分へと自己実現を果たす。

 

自分が良くなると、周りも良くなります。

自己向上の喜びが、人生においての本当の喜びです。

 

いつか終える人生。

楽しみながら、小さな出来ることから積み重ね、

人生に多くの喜びを感じるサイクルを作っていきましょう!

 

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す