生きる根源である「水」を蘇らせる【いのちの水の浄化をしよう!】

 

「水」は日常生活に欠かすことが出来ません。

作物だって、水が無かったら育ちません。

人間の体は、約60~70%が水分です。

生命が生きていくのに欠かせない「水」

その、大切な大切な「水」の浄化の必要性について考えていきます。

 

水が販売されるようになった時代

 

「水の都」と言われる街に生まれ、井戸水を飲んで私は育ちました。

10代後半の頃、喫茶店で出された水があまりに不味くて、地域によってこんなに水が違うのかと驚きました。

海外では水道水を飲んではいけませんよね。

まだまだ無知だった私は、水道水が飲める日本はすごいと思っていたのですが・・

 

水道水が飲めるのは塩素で消毒しているからです。

色々学ぶうち、塩素が入っている水道水は美味しくないどころか、微量でも有害物質が入っていたり、栄養素を壊してしまう事を知りました。

水道水

● 美味しくない

● 微量でも鉛などの有害物質が入っている

● 塩素が栄養素を壊す

 

今は日本でも当たり前のように、浄水器やペットボトルで水が販売されるようになりましたが・・

 

水道がなかった昔だって、「水」を飲んで人は生きてきたのでしょう?

 

水が汚染されている事による影響や弊害が、多方面に出てきているとずっと思っていました。

生きる源である水の浄化が、少しでも早く進むことを願ってやみません。

 

 

水の汚染の原因と影響

 

原因は・・?

水質汚染の多くは、化学物質、合成物質が原因です。

水道水に塩素が入っている事もそうです。

振り返ってみてください。

いかに化学物質・合成物質まみれの生活になっているか。

 

日常で使う生活用品

合成洗剤 シャンプー リンス ボディーソープ 柔軟剤 歯磨き粉 etc.etc.

キリがない程の商品が売られていますが、水と共に使って出す生活排水が、水を汚す一番の原因です。

 

経済活動において使われるもの

農薬 化学肥料 工場排水 薬品 廃棄物 etc.etc.

個々人が生活に使う物に限らず、農業・工業等の経済活動において使われる薬剤や資材で、水が汚染されて行きます。

 

人が体に入れるもの

薬 医薬品 化粧品 食品添加物 etc.etc.

約60~70%が水分の身体です。

身体に入れるもの、肌に触れるものに含まれる成分が原因で、身体の水分が汚染されていくと理解してみて下さい。

 

影響は・・?

その影響は多岐にわたります。

自然環境の汚染は言うまでもありませんが、アレルギーや病気の原因にも関わってきます。

事実です

シャンプーやボディーソープ等に含まれている成分

アレルギーの原因になる。

精子を減少させてしまう。

 

胎児が育つ羊水が、ボディーソープのような匂いがする・・とか、濁り泡立っている・・とかいう話も、随分前に聞きました。

だから、不妊治療を受ける人が増えている事や、少子化にも影響しているのだと思っています。

生まれてくる子供に罪はありませんが、年々各地に支援学校が増えてきた現状を鑑みても、関係がないとは思えません。

 

病気が治ったら、薬は必要なくなるのが普通です。

飲み続けなければならない薬は・・?

薬を飲んでいても、その病気は治らない。

 

一時的に必要な薬を、一時的に取り入れるのが、薬としての本来の役割なのではないでしょうか。

必要最小限で良いと思います。

身体に備わっている抵抗力や免疫力・治癒力を、薬でかえって低下させてしまうような事にもなりかねません。

薬に頼りすぎて、昔はなかった病気が増えてきているというのが、実情なのではないでしょうか。

 

どうして増え続けているのか、原因は何なのか、多くの人が気づいていく必要があると思います。

ありとあらゆる不自然な合成物質、化学物質によって、体も水も汚染され続けているのです。

 

 

背景にあるもの

 

背景にあるもの

経済活動に伴う”利権”

製薬会社や医療に関する利権もあります。

利益が出れば、儲かれば、自然環境や人々の幸せや健康はどうでも良いのでしょうか??

 

どことは言いませんが、社員が「自社製品は食べたくない、使いたくない・・」と思うような商品が、販売されているのは事実です。

大きな利権がある所に、都合よくお金が集まるように仕組まれているという事も、知っておく必要があります。

その上で、消費者の賢い選択が求められるでしょう。

 

今は、利権が絡んで「水源」を土地ごと買われてしまうケースがあるため、注視していく必要があります。

水道法が改正された事を踏まえても、生きていく源である水が、利権で牛耳られるようなことになってはなりません。

当たり前にあると思っている「水」かも知れませんが、国の安全保障にも関わってくることなのです。

大きな利権に都合よく振り回されないように、しっかりとした知見と判断力を一般国民が持つことです。

 

私は浄水器は勿論のこと、天然由来成分に拘った商品を使い、自分や家族の健康も考え、出来るだけ水を汚染しないように心がけて来ました。

出来ることを意識して、出来る範囲でいいから出来ることをする。

その継続が、自分自身のみならず、大切な家族や関わる人達の健康や生活、水の浄化や豊かな自然環境へと繋がっていることを忘れないで欲しいと思います。

 

 

何事も浄化が先

 

神事には、祓い清めや禊ぎがありますね。

神社参拝する時だって、参拝前に手水舎で手や口を清めます。

ただの礼儀とか儀式だけではなくて、ちゃんと意味や理由があるのです。

 

御神徳を受けられる身になるには・・?

祓い清めをする・・今回で言う”浄化”

今でも残っているそれらは、太古からの知恵と叡智なのだと思います。

何事も浄化が先なんです。

 

浄化と言っても、殺菌消毒とは違いますからね。

ミカン箱の中に、腐ったミカンをたったひとつ入れるだけで、全部腐ってしまいます。

腐ったミカンなんて、箱の中にない方がいいです。

 

「血液」は人間の身体の「水分」ですよね。

キレイな血液の人は、病気にはなりにくいでしょう。

薬を飲んでも、直ぐに治るでしょう。

血液が汚れている人が、薬を飲んでさらに血液を汚して、治らないどころか病気を増やします。

 

大元の汚れの原因を取り除く事が、何事においても先なのです。

 

 

大いなる自然の力

 

自然の恵みがあってこそ、人は生きていける。

当たり前すぎて忘れがちになってしまうのでしょう。

それか、忙しくしていると、そんなことを意識する心の余裕もなくなってしまうのか・・

 

水に限ったことでなく、大自然の営みは、常に循環しています。

その働きは、「神」・「宇宙意思」と言えるでしょう。

八百万に神が宿っているとされる自然崇拝である神道が、太古から日本に根付いてきたのは、そのありがたみがよく分かっていたからだと思います。

 

大いなる大自然は、常に調和と秩序を保とうとしています。

それを壊すようなきっかけを作っているのは、人間のエゴと無知によるものだと考えます。

無駄なものは何一つなく、最初から全て整っているという事を、忘れてしまっているのでしょう。

 

大いなる自然の力は「神」「宇宙意思」

● 常に循環している

● 常に調和と秩序を保っている

● 無駄なものは何一つなく、最初から全て整っている

 

人の体に治癒力があるように、大自然にもそれはあります。

人間が汚す水を、浄化させようとする力や働きは、ちゃんと備わっています。

しかしながら、汚染が激しく進みすぎて、自然の浄化が追いついていかなくなって、自然災害にも繋がる出来事が起きてしまうのだと思います。

 

 

CGS番組のご紹介

この番組を始めて見た時、すばらしい活動をされている事に感動しました。

と同時に、自然の力の凄さと可能性を見いだせたようで、大きな希望を頂きました。

是非、ご覧になって頂けたらと思います。

バクチャーで地球を綺麗に【CGS 杉山孔太 経世済民 第1回】

https://youtu.be/QiOb2cZg-3M

 

 

日々感謝して、汚さない意識を

 

自然や身体に本来備わっている「自浄能力」を高めていかなくてはならないと感じています。

 

「自浄能力」を高めるために

汚染の原因となる合成物質・化学物質の使用を、できる限り減らす

 

ひとりひとりの意識と心がけと行動で、自分の身体はもとより、地球や社会など全てに於いての「自浄能力」を高めて行きましょう!

感謝があれば、できることです。

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す