格差を生む!?英語教育の低年齢化【守られた日本語!まずは国語力】

私たちは「日本語」を当たり前のように使っています。

言葉と接しない人は、誰一人としていないでしょう。

その「日本語」ですが、先人の偉業がなければ今頃は消滅していたかも知れないということを知りました。

「日本語」はどういう経緯で守られてきたのでしょうか。

2020年には新しい学習指導要領になり、小学校3・4年生の英語教科化が始まります。

CGS番組をご紹介しながら、守られてきた「日本語」の経緯を知ったうえで、

これから行われようとしている「英語教育」について考えてみます。

長い歴史で育まれてきた「日本語」

日本語は感性が育つ言語

日本語は「一音一音に意味」があり、右脳を使うため「感性が育つ」言語です。

言葉はエネルギーだから、使う言葉を意識してきた経緯があり、そのことも含めて投稿した記事はこちらです。

https://harmonyoneness.com/kotoba-isikisyukan

日本は世界で一番歴史が長い国だから、言葉の歴史もとっても長いと思います。

さかのぼれば、神代文字とかもありますしね。

私たちは「日本語」を使っているから「日本人」だといえるのでしょう。

日本人特有の感性は、言葉の影響からきているといっても過言ではないと思います。

長い歴史からみれば、今使われている日本語はすごく新しいのかも知れません。

それにドンドン新しい言葉もできて、進化し続けているように感じます。

日本語が今、使われている経緯を知る

江戸時代から明治時代に代わる頃。

西洋の文化を取り入れて、外国語が押し寄せるように大量に入ってきた時代でした。

私がその時代に生きていたら、新しい西洋文化に興味津々でしょうね。

けれども、言葉が意味不明。

さっぱり分からないから、どうしたものかとすごく戸惑うだろうと思います。

理解できれは、どんどん西洋文明を取り込んでいける。

でも外国語オンチの私でいたら、その流れに完全に乗り遅れてしまうかも!?

そう考えると・・

外国語のできる人とできない人とで、ものすごい格差が生まれてしまいそうです。

言語による”格差”がうまれなかった理由

当時、無限にあるのではないかと思える膨大な量の外国語を、ひとつひとつ「翻訳」して下さった方がいらっしゃったから。

翻訳語がなかったら、もしかしたら日本語は消滅していた可能性があります。

光花

今、私たちは日本語を当たり前のように使っているけれど、

日本語が使えるのも、その時代に外国語を日本語に翻訳して下さった先人がいらしたおかげなのですね。

そのことを教えて頂いたのが、こちらのCGS番組です。

2014年に配信されたもので7回シリーズであります。

ぜひご覧になってみて下さい。

第7回 翻訳語がなければ、今の日本もなかった!? 〜高等教育から考える〜 【CGS 長谷川三千子 翻訳語】

https://youtu.be/H76MRCdoJok

 翻訳語から考える日本

外来語などに比べ、一般的に馴染みの薄い「翻訳語」について解説。

翻訳語とは、明治の始まりから日本に入ってきた西洋近代思想を取り入れるために作り出された言葉である。

トマト、バター、パンなど日本に従来なく実態があるものをカタカナで表記したものが外来語である。

一方、society(社会)、individual(個人)などの概念は外来語と同じ扱いを取ることはできず、原語と日本語の意味の重なりを熟慮し日本語で表すことが求められた。

こうして作り出された翻訳語。

それは科学技術用語であるchemistry(化学)、physics(物理)の分野でも同様である。

今では当たり前のように使われている翻訳語がなければ、今の日本の教育水準も保たれなかったとも言える。

その翻訳語の成立過程や先人の努力を解説した全7回のシリーズ動画。

 講師  長谷川 三千子 (はせがわ みちこ)

1946年3月24日生まれ。哲学者、評論家、執筆家。東京大学文学部哲学科卒業後、同大学大学院人文科学研究科、埼玉大学教養学部教授、名誉教授を経て、日本会議代表委員、NHK経営委員。

当たり前に使えている日本語に感謝

私は「言葉」や「日本語」についても知れば知るほど、

光花

日本語って本当に素晴らしい!

日本語を使うこの国に生まれ育って本当に良かった!

と、強く思えるようになりました。

「日本語」の特性

  • 日本語には一音一音に意味がある。
  • 言葉の組み合わせで多様な表現ができる。
  • 微妙な情景も言葉からなんとなく伝わり、イメージができる。
  • 西洋文化も飲み込める、ふところの大きさ・深さが日本語にはある。
  • 日本語を使うから感性が育ち、思考が深まり創造性を発揮していけるようになる。

翻訳語のおかげで、今こうして日本語を使うことができています。

光花

日本語を話す。

ただそれだけでも、とっても幸せなことなんですね。

当たり前に使っているけれど、ホント感謝しかないですね。

思考も言葉だし、読んだり書いたり話すのも私は日本語だから、

日々感謝して使う言葉も大切に選ばないと・・と思います。

低年齢化する英語教育は本当に必要か?

受けてきた学校教育を振り返る

改めて、私が学校に通っていた頃を振り返ってみると・・

学校から帰ったら出された宿題をし、朝になれば行かなきゃならないものとして毎日学校に通っていました。

それなりに勉強して、進学していった学生時代ではありましたが・・

すごく受動的だったように感じます。

自分が好きで、自分からやりたい!と思ったことを勉強していける環境だったら、

もっと楽しく勉強できただろうと思います。

小学生の頃は、勉強したことが段々できるようになっていく楽しさが、まだあったように思いますが、

中学・高校と進学するにつれ、テストの偏差値で成績が判断されるようになりました。

高校生になった頃は、授業で当てられた時に恥をかかないように・・

ただそれだけのために予習していく。

・・といっても、チャンペラをノートに丸写し・・みたいな。

私はそんな感じでした。

勉強が楽しいなんて、そのころ感じたことあったかな??

光花

高校生のころは、成績を上げようという意欲もありませんでした。

勉強はしかたなくしている感じ。

赤点とって追試して・・成績なんて見るのも嫌でした。

自信なんてまったくなくて、自己嫌悪に陥りコンプレックスの塊みたいになっていった私でした。

そんな学生だったから、

  • 学校で学んだことを、どれだけ活かして来れたのか??
  • 人生の中で、何に役立てて来れたのか??

まったくないとは言いませんが、

学校を卒業するまで約14年間の学生生活をふり返ってみてそう思います。

自分がうけてきた「学校教育」について思うこと

年齢によってや、ひとりひとり違う個性や才能を伸ばしていけるよう、

自主性をもって子どもが自ら進んで学んでいく。


段階的にそう導いていくような教育環境ではなかったように思います。

江戸時代とか明治の頃とか、昔は今のような生活環境ではなかったけれど、

今よりずっと幼くても知的レベルは高かったし、人格教育もされていました。

詳しい話は省きますが、教育現場や教育内容が、今とは違っていたことは確かです。

私が学生だったのはもう何十年も前ですが、

その頃と今と、教育のあり方がそれほど変わっていないなら、

画一的な学習はもう真剣に全面的に見直すべき時なのではないでしょうか。

先人の翻訳語の恩恵から考える英語教育

来年2020年には新しい学習指導要領になります。

今は小学校の5・6年生から英語を学んでいるようですが、3・4年生から英語教育が取り入れられるそうです。

中学からの6年間で、私もいちおう英語は学んだけれど、会話なんて出来ません。

英文が並んでいると・・読む気にもなれないのが正直なところ。

もし海外で会話が必要になったら、これからは翻訳機とかも出てくるだろうから、それを使えばいいや!・・みたいな感じです。

光花

英語は必要な時は必要ですが、

学校教育でどこまで英語の「語学力」がつくのでしょうか?

私はとても疑問に思います。

留学するとか、ホームステイするとか、実践的に学ぶのが一番身につくと思っているからです。

英語教育が低年齢化していくから、それに応えるビジネスが増えてきています。

学校以外でも学べる子どもさんばかりではありません。

先人の方々の膨大な尽力のおかげさまで日本語が守られ、言語による格差が生まれなかったのに、

英語教育の低年齢化により、

英語ができる・できないで、格差が生じる世の中になろうとしているような気がします。

行われようとしている英語教育に、一石を投じるCGS番組をご紹介します。

日本語の危機!小学校の英語教科化がもたらす悪影響【CGS 施光恒 神谷宗幣 第78回-2】

https://youtu.be/HAU9RA0qMuQ

こちらの動画では、翻訳語のお話が出てきます。

日本語を守り抜いた先人の偉業 〜やはり英語化は危険だった〜 【CGS 施光恒 神谷宗幣 第78回-3】

https://youtu.be/AQUYJLW_q9s

翻訳語によって日本語が守られたからこそ、明治以降の発展に繋がっていった事実があります。

これから行われようとしている英語教育が、先人の方々の思いや英知と逆行していることが、よくご理解して頂けるのではないかと思います。

施光恒先生のお話は、第78回-1から第78回-6までありますので、ぜひ続けてご覧になってみて下さい。

 神谷宗幣が訊く

キャスター・神谷宗幣が日々の活動の中で出会った「ぜひ聞いてもらいたい!」と感じた「政治」「経済」「歴史」「食と健康」など様々な分野の講師を招き、その活動や理念、その裏にある想いなどを聞き、「日本の将来」を考えるヒントを幅広く得ることができる番組。

【小学3年生から英語教育は必要か?】まとめ・結論

当たり前に使っている言葉「日本語」から、これから行われようとしている「英語教育」まで考えてきました。

言葉なくして教育は成り立たない中で、「日本人」が「日本語」の素晴らしさをもっと知るべきだと思います。

英語教育を低年齢化するより、まず「日本語」で「国語力」をつける方が先決です。

日本語の多様な語彙を活かして

自らの考えや思いを言葉で表現するからこそ、英語も活かせるようになるからです。

先人の思いと残して下さった功績を、無駄にすることのないようにしていきたいものです。

「教育」はこれから先の未来を創造していく源や礎となるものです。

風潮に流されることなく、本来あるべき教育が成されていくことを願ってやみません。

小学3年生から英語教育は必要か?


先ず国語の力を育てることが先決。


日本語の多様な語彙をつかいこなす土台ができてこそ、

英語教育が有効的に活かせるようになる。

ご縁に感謝します。

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

コメントする