滑稽なる囚われた世界から抜け出そう!【目覚めのススメ】

 

意識を変える、パラダイムシフトしよう・・と、お伝えしていますが、意識って何をどう意識するの?”パラダイムシフト”って何?・・って感じで、最初は私も分かりませんでした。

そんな私がある研修会に初めて参加した時、パラダイムシフトした!と感じた瞬間がありました。

自分が正しいと思っていた事が、そうではなかったと気づいた瞬間でした。

 

 

人は自分の思い込みの世界で生きている

 

こちらをご覧下さい。

いくつかある中でも、この絵は有名なのではないでしょうか。

https://mail-dream.com/wp-content/uploads/2016/07/Two-women.jpg

 

あなたにはこの絵が何に見えますか?

“老婆”でしょうか。

それとも”若く美しい女性”に見えますか?

 

“老婆”に見える人は、”老婆”である事が「正しい」と思っています。

どうして”若く美しい女性”に見えるのか分かりません。

分からないから、”若く美しい女性”に見える人が「間違っている」と思います。

逆のパターンも同じです。

 

同じ「絵」を見ていても、人それぞれの見方があって、「正しい」と思うことが違うのです。

 

 

パラダイムシフトの瞬間

 

最初は”老婆”にしか見えなかった人が、見方を変えてみたら”若く美しい女性”に見えた。

その瞬間「あ、ホントだ!“若く美しい女性”にも見えた!」と思うでしょう。

それがパラダイムシフトした瞬間です。

 

「なぁ~んだ、”老婆”とばっかり思っていたけど、そうじゃなかったんだ!」と、気づくんですね。

 

最初はどちらか一つにしか見えなくても、見方を変えればどちらにも見えるようになります。

“老婆”が正しいと思っていたのは、思い込みだったということです。

 

自分の見方・考え方だけが正しいわけではないのですね。

 

 

知る・気づく喜び

 

知る・気づくことは、楽しいことです。

知れば知るほど沢山の学びがあり、知る・気づくことが喜びになります

自分の思い込みを外していくと、これは自分と同じ考え方だな・・何か違うな・・と、それぞれ感じることはあっても、違うからといってそれが「間違いである」とは思いません。

 

「そういう見方や捉え方があるのか」

「それも一理ある」

「自分はこう思っていたけれど、それの方が本当かも知れない」

と、柔軟に受け止められます。

考え方・捉え方の幅が広がるのです。

 

パラダイムシフトを経験すると・・

同じ物事に対して、様々な捉え方があるのだと思える。

柔軟に受け止められる。

考え方・捉え方の幅が広がる。

 

そうして、自分の世界観が広がることで、それだけ可能性が目覚めていくのだと思います。

 

幼い子供は無邪気で、大人からしたら危ない事でも何にでも興味津々です。

自分で何でもやってみて、痛い思いをしながらでも学び、次にまた工夫をしながらチャレンジして、だんだん色々な事が出来るようになっていきます。

 

知る・気づくことは、出来るようになる前段階。

出来るようになるには、まず楽しく知り、気づく喜びを感じて下さい。

 

 

どんな思い込みがあるか気づくには

 

気づく前は、自分にどんな思い込みがあるのか、自分で分かっていない事が多いでしょう。

普段は気にもしていないし、それが普通で当たり前だと思っているからです。

 

自分の価値観、普通で当たり前だと思っていることが、「本当にそうなのか?」・・と、疑ってみると良いでしょう。

何で?・・どうして?・・と、疑問に思ってみることです。

 

自分の事なら、自分自身の心や本心に尋ねるような感じです。

分からないことは、本を読んだりネット検索してみましょう。

突き詰めて行けば行くほど、沢山の気づきや学びを得られます。

思い込んでいたことが、そうでもなかった・・という発見パラダイムシフトに繋がります。

 

自分の思い込みを「壁」と例えるなら、ひとつ気づくたびに、その壁が破られていく。

薄い壁を何枚も何枚も破り続けていくと、分厚い壁も破れる力になっていき・・

そうして進んでいくことで、本来のあるべき姿への目覚めとなって、やがて真理に到達していくのでしょう。

 

 

とんでもない?最大のパラダイムシフト

 

これから紹介するのは、数年前に息子から教えて貰ったYouTubeの番組です。

きっかけになった動画は、「この地球に山や森は存在しない」というタイトルでした。

??・・と思いながら動画を見ましたが、なるほど・・もしかしたら本当はそうなのかも知れない・・という感覚になりました。

 

『この地球に山や森は存在しない』 (前編)

 

真実かどうかは分かりません。

けれども「生命の樹」というワードから、地球はそんな星であったのかも知れないと、想像力を膨らませました。

 

しばらくぶりに何となく気になって、見た動画をご紹介します。

関連する動画はいくつかありますが、一つリンクを貼ります。

興味がある方は、続編もご覧になってみて下さい。

 

『フラットアース入門』 (上)

https://youtu.be/EJ-7jindFaA

 

とんでも論??

地球は球体ではなく、フラットな平面の円形。

北極が中心で、南極の氷の壁で囲まれている。

ドームのように覆われていて、地は動いてなどいない。

自転はしていない・・!!!???

 

それこそ賛否両論、とんでも論?、物議を醸し出す内容です。

 

私もちょっと頭が混乱して、まだよく理解できてはいませんが、なるほど。確かに。と、妙に納得する事があるのです。

フラットアースが真実なら、人類の最大のパラダイムシフト?になるかも知れませんね 🙂

 

 

世界がコントロールされている事実

 

コペルニクスが「地動説」を唱えるまで、「天動説」が主流でした。

「地動説」は天文学史上、最も重要な発見とされています。

およそ500年前です。

500年間、何の疑いもなく信じられて来ました。

 

しかしながら、1500年前までは、地球が宇宙の中心であると、誰もが知っていたとしたら・・?

 

この世界を、コントロールしようとしている組織がある事を、私は知っています。

何百年にも渡って、計画的にコントロールしてきた歴史があります。

殆どの人類はそうとも知らずに、何百年も都合の良いようにコントロールされて来たのです。

その結果が今のありさまです。

 

コントロールしている方は、思惑通りになる事が、すごく面白いでしょうね。

コントロールされた大衆を見て、嘲笑っているようです。

 

 

目覚めよう!

 

地球が球体の星ではなくて、平面の円形で宇宙の中心である。

 

それが真実だとしたら、これまで信じてきた「地動説」は、一体何だったのでしょう。

 

そこまで コントロールするのか・・

そこまで 人類はコントロールされて来たのか・・

と思うと、私はなんだか 滑稽”に思えてなりません。

 

コントロールする組織の最大の目的

多くの人達が、自分に宿る”神性”に気づかせないようにする事。

神性に気づかれ目覚めると、コントロールが出来なくなるから。

 

人類が真実に目覚めようとしているから、フラットアース説が改めて浮上してきたのかも知れませんよ。

 

感謝包む

気づかせて貰うきっかけを、ありがとう!

目覚めるきっかけを与えてくれて、ありがとう!

これからは本来の愛ある世界に進むよ。

 

コントロールする力や勢力に対抗しないで、そんな心持ちと意識をみんなで持ちましょう。

 

情報が溢れている世の中で、何が本当で何がウソなのか?

見極める力が求められる昨今です。

 

情報が都合の良いように操作されている事実を知ると、一般的にとんでもないような話や陰謀論と思われがちな事に、実は真実が隠れていたりもします。

決め付けないで、冷静に柔軟な思考で賛否の両論を見てみましょう。

 

《 情報を見極める 》

「根拠があるか」 「その根拠の出処」

「感情的かどうか」 「誹謗中傷のような内容はないか」・・

エネルギー的には

「愛があるか」 「温かさがあるか」 「心地よいか」・・

 

そんな所が判断基準になるかと思います。

 

デマに流されて、トイレットペーパーの買い占めになど行かないように。

不安になることなく、恐れることもなく、愛のエネルギーを循環させることこそが、今の世界には必要なのです。

 

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す