日本人の潜在能力を発揮する!【世界を融合し調和させる力と意識】

歴史を学ぶ過程で思っていたことは、世界では「戦争の歴史」を繰り返して来たということです。

そして、戦争や争いごとに巻き込まれるのは、いつも多くの民衆です。

誰もが幸せに生きたいと願っているはずなのに、戦争や争いごとに「宗教」が絡んでいたりもします。

宗教とは、本来「人を幸せに導くためのもの」であると私は思うのですが、宗教戦争なるものが起こること自体、単純に「変だ、オカシイ」という異和感があります。

「世界の大調和を目指して建国された日本」だからこそ、

日本の潜在能力を取り戻し発揮していくためにも「古典神道」を学んだり、「信仰」「祈り」「宗教」「哲学」というものへの理解を深めてみましょう。

世界との違いは日本の特性

国の統治の違い

世界の国々と日本の「国の統治の仕方」には、決定的な違いがあります。

世界と日本の国の統治の違い

  • 世界  ⇒  権力者が国を支配し、統治する。
  • 日本  ⇒  天皇を最高権威として、権力者はその下で政治を行う。

支配・統治する者、される者。

その権力・権限を奪う側と、奪われる側との「争いの歴史」が「世界の歴史」です。

  • 争いごとは、やった、やられたと、恨みを残します。
  • 勝利した者にとっては、その時は良いけれど、いつ権力を脅かされ奪われるか・・という恐怖に苛まれ自己保身に走ります。
  • 民衆は奴隷も同然のような扱いになります。

日本は国を統治する上で、「権威」「権力」を分けてきました。

  • 「天皇を最高権威」とし、天皇が「おおみたから」とする民衆を大切にする政治を、権力者に委任し政(まつりごと)を行ってもらう統治の形です。
  • 日本に於いての権力者は、民衆が安寧に安心して安全に暮らせるように、政治を行うことが前提になります。

この統治の仕方の決定的な違いが、国の歴史の長さの違いを生んだ、大きな要因と言えるでしょう。

宗教観の違い

海外に留学経験のある方々は、

外国人

あなたの信仰する宗教は何ですか?

と、尋ねられる経験が多いようです。

一様に、答えに困ったと伺います。

特に信仰する宗教がない・・ということは、世界の人々からすると大変な驚きのようです。

世界の宗教観と日本は「異質」

  • 日本の宗教観は、生活様式に習慣のように馴染んでいる。
  • 一神教ではなく、八百万に神が宿るという多神教。
  • どんな神仏でも崇めて祀り信仰する。

世界とは異質の宗教観は、日本の「特質」

日本には古代から古典神道があり、長い歴史の中で仏教など多くの信仰宗教が普及していき、今に至っても様々な宗教が混在しています。

お葬式ではお寺にお世話になり、お正月には神社に初詣に普通に行きます。

もうすぐハロウィンだから、街のあちこちでオレンジ色のカボチャが見られるようになりましたし、クリスマスだって祝ったりします。

光花

そういうことに、特別な違和感はありませんよね。

様々な宗教があっても、特に違和感なく受け入れて何でもアリにしてしまうような、そんな日本の感覚・宗教観は、世界から見たら物凄く不思議なことのようです。


 日本の国の大きな「特性」


  • 何でも取り入れ融合させる力がある。
  • 違うものを調和させていく力がある。

世界の歴史と日本の歴史の最大の違いは、国内での宗教戦争がないという点です。

そういう日本だからこそ、これからの世界を”調和させていく”という大きな役割があるし、それを果たす力があるのだと、私は思っています。

日本の潜在能力は他国からは脅威だった

植民地支配が世界に及び、日本にもその勢いが大きく近づいた江戸の幕末の頃から・・

大きな時代の転換期でした。

対等な立場で西欧列強と肩を並べていけるように、明治には多くの西洋の文化文明が取り入れられました。

それによって大きな発展や進展はありましたが、それまで日本人が大切にしてきたものが壊されてもいきました。

廃仏毀釈はその典型でしょう。

日本は日清・日露・第一次大戦に勝ちましたが、植民地支配をしてきた国々からしたら、日本の力が強くなっていくことは決して面白くなかったでしょう。

諸外国から徹底的に研究された

  • 日本の強さはどこにあるのか?
  • 日本の力を抑えるには、どうしたら良いのか?

その結果、先の大戦で日本は敗戦した。

7年間に及ぶ占領下の時期に、もう二度と日本が戦勝国にたて突くことのないように、徹底的に日本の国力を削ぐことが行われた。


戦後から復興し、発展を遂げてきた部分は確かに多々あります。

しかしながら物質的価値観が優位に立つようになり、

日本が本来持っていた潜在能力は、何十年と封じ込められてきたように思います。

GHQの占領政策からの影響を受け、いまでも引きずっている(一般的にその自覚はありませんが)ような経緯があるため、

戦後の歴史教育で私たちは正しい歴史を学んできていません。

日本人としての「誇り」を取り戻すためにも、歴史認識を変えていく必要があります。

こちらをぜひご活用になり、潜在能力を引き出すきっかけにして頂けたらと思います。

~ 人生を変える扉 ~


自国の神話を知らない民族は滅ぶ」

「神話」編 


愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

「正しい日本の歴史」編


真実の日本近現代史を 学校では教えない!

「真の日本近現代史」編


あなたのイシキカイカクを応援します!

「イシキカイカク」編


取り戻すべきものは何か?

唯物的になって、科学的でないと、否定してしまうような時代が続いてきました。

戦後75年となった今、そしてコロナ渦によって世界のあり方が問われている今、日本は何を取り戻すべきなのでしょうか?

世界からの注目

日本人が思う以上に、日本に古来からあったものに、世界からの注目が集まってきています。

その必要性が海外でも認められ求められ、日本に逆輸入されているものがあります。

日本に逆輸入されている

  • 日本では当たり前すぎて、大切さ・重要性に気づいていないもの。
  • 忘れてしまっているような、思想哲学や習慣など。

渋沢栄一の経営哲学、禅、レイキ、日本食 etc.etc.

神武天皇が「世界の大調和を目指して建国された日本」が、大きな役割を果たす時が来ています。

改めて日本人の私たちが、日本の良さを思い出し見直し取り戻していくべき時なのだと思います。

物質よりも精神性

いくら物質的に豊かになっても、心で幸せだと感じられなければ、幸せな人生とは言えません。

光花

心や意識は見えませんが、そういった見えないところが大切なのです。

不思議なことに、古事記を始め、日本の古代文献に記述されている内容が、今、量子力学が発展してきたことで証明されている内容と、シンクロしている部分が確かにあります。

見えない世界について、当時に生きた先人の方々のほうが、深く理解していたのでしょう。

これからますます重要になる

  • 信仰・宗教・哲学などの精神性を高めるもの。
  • 心の豊かさにつながる意識といった見えないもの。

「政治」と「まつりごと」はセット

学校で歴史を学ぶ中で、「政治と神事の関わり」を学ぶことはほぼありませんが、神事は政治とつねに共にありました。

政治の「政」はまつりごとであり、神事の「祀る・奉る・祭」も同じくまつりごと。

政治を行う時、神事の儀式、祈りや占いなども指針として取り入れてきたのです。

ざっくり祈りや占いと言いますが、見えない世界であるだけに奥は相当深いです。

光花

神事は神仏と繋がる行いであって、それにより叡智を授かり活かしてきたのだと思います。

夢枕に立つとか、ご先祖様からメッセージを受け取るとか・・今でもあるでしょう。

古い言い伝えの中にも、そういった不思議な出来事は沢山あると思います。

そして古くから伝わる習わしや儀式なども沢山あります。

見ていると、何をしているのか分からないようなことにも、重要な役目を果たす意味や目的があります。

見えないから、科学的でない、証明されていないからといって、疑ったり疎かにしていてはいけないと思います。

深まった「信仰」の認識

「イシキカイカク大学」でお世話になった 表 博燿 先生とのご縁で、「世界再生会議」というグループができメンバーになりました。

「神人一体の己の神性を高める」こと、「信仰は自分を整える道」として、その意義・奥義・エッセンスをお伝えして下さっています。

表 先生は世界各国を巡られ、昨年はバチカンの修道院で”神楽”の演舞をなさり、ローマ教皇に謁見されていらっしゃいます。

ローマ法王を演舞後握手する表博耀氏

<略歴>

表 博耀(おもて ひろあき) 修験者として自然の中での学びや経験と、ヨーロッパ各地やアジアに於いて精力的に行っている国際交流事業での経験を基に、「ネオ・ジャパネスク(温故創新)」と題した独自の日本的世界観を表現する神楽や芸術作品展などの事業を各国で展開。現在、日本国内を中心とした聖地での「創生神楽」の奉納を続けている。2012年、出雲観光大使に任命。 <日本文化伝統産業近代化促進協議会 会長・観光庁エンタメ観光マイスター・出雲観光大使・経済産業省伝統的工芸品産業室(財)伝統的工芸品産業振興協会 産地プロデューサー

■表 博耀(おもて ひろあき)氏からのメッセージ動画■

https://youtu.be/s5aNuzqM0P4

“神楽”は、「天の岩戸開き」から始まります。

神話の中でも有名なお話ですよね。

「神楽」は「神」が「楽(らく)・楽しむ・楽しい」と書きますが、「楽しむ」ということは人が生きていく中でも重要なキーワードだと思います。

人が楽しんでいることは、神々にとっても楽しいことなのですから。

楽しんで新世を切り開き、行く行くは世界の宗教をも融合させていきたいものです。

CGS番組では「日本人を考える」という 表 先生が出演されるシリーズ番組があります。

こちらからぜひご覧になってみて下さい。

 日本人を考える

「日本人」とは何なのか?どこから来たのか?

神社・遺跡・神話・文化・伝承など様々な視点から、約2万年前からの日本人の原点、ルーツを探る。

大陸が今の形とは異なっていた事。何万・何千年単位での民族の移動と、その営みにより培い形成されてきた国造りに、想像力と柔軟な思考で日本人を捉え直す。

今に残る生活様式は、長い歴史の中で多種多様に取り入れてきたもの、融合されてきたものということを知ってもらい、日本という国とその歴史観を捉えなおしてもらえるシリーズ動画。

先に宗教とは、本来「人を幸せに導くためのもの」であると私は思うとお伝えしました。

宗教が違うことで争ったりして、何の意味があるのか?と思います。

そもそも様々な宗教が存在していても、その元にある真理はひとつなのではないでしょうか?

その元となる真理は、日本の古典神道にあるのではないかと思います。

宗教というと、日本ではちょっと誤解されるような部分がありますが、真理に基づき紐解けば、誤った認識は変わるでしょう。

日本から「道」を切り開く

人間の意識はエネルギーで、無意識の中にある集合エネルギーとも繋がっています。

それは広く宇宙にも届き、影響を与え与えられてもいます。

目に見えない世界のほうが殆どで、そこに真理があるのでしょう。

物質的なことや、悩みや出来事ばかりに囚われていては、生きる指針を見失いがちになってしまいます。

日本にある潜在能力を発揮していくためにも、古典神道を学んだり、信仰・祈り・宗教・哲学というものへの理解を深めて、

ひとりひとりが元々持っている能力を思い出し、みんなで発揮していけると良いですね。

日本から「道」を開いていこう!

世界を融合し調和させる力や役割を果たせるのは日本人

違いを認め、違いでそれぞれの役割に尽くし、

みんなで調和して楽しく生きる。

そういう世の中へと日本が世界に先がけて、

新たな生き方、社会の仕組みを創生していこう。

ご縁に感謝します。

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

コメントする