お金はどんな仕組みになっているの?【未来に向けてのお金の役割とあり方】

何を買うのも、何をするにしても、生活に関わってくる「お金」

そのお金の仕組みって、一体どうなっているのか?

と、さまざま調べたり学んだことで知ったことがありました。

“CGS”番組をご紹介しながら、お金の仕組みを理解しつつ、

これからの未来に向けて本来はどうあるべきなのか?を追求していきます。

お金の仕組みを理解しよう

複雑な計算や分析にあまり強くないので、私から詳しく説明はできません。

そんな私でも理解できるCGS番組をご紹介しますので、どうぞご覧になってください。

第44回 お金って何?誰が発行するの? 【CGS 日本経済 大西恒樹 第44回】

https://youtu.be/tLeyqARkE4c

第45回 借金がお金を増やす仕組みだった!?【CGS 日本経済 大西恒樹 第45回】

https://youtu.be/CiP-7nyxbsU

「じっくり学ぼう!日本経済」のシリーズは沢山ありますが、

大西恒樹先生の出演されている動画は第42回~第56回まであります。

そのうちの2つをピックアップしてみました。

下記から検索できますので、ぜひ通してご覧いただけると良いと思います。

 じっくり学ぼう!日本経済

世界の情勢・出来事、外交、政治、政策、金融、財政、税金・・等々、世の中のありとあらゆる全てに関わっている「経済」。

お金の動きが社会や歴史までをも作っていると言っても過言ではない程、その影響力は大きい。

メディアでは報道されず、興味関心を持たなければ知る由もない事が「経済」にはたくさんある。

お金の動き・流れ・仕組みを知ることで、見えてくるものがあり、先見の明として捉えられることもある。

マクロから、ミクロの日々の生活へと繋がってくる「日本経済」の様々な問題を深く知る講師の方々から経済を学ぶシリーズ動画。

お金の流れを追求すると見えてくるもの

誰がどこで何にお金を使ったかを辿っていくと、その動きはおおよそ見当がつくものです。

それは個人から企業や団体、国や世界各国の様々な動向に至るまで。

それが明確になればなる程、その動きの意図が見えてきます。

「お金の流れ・動き」を把握することは、重要な情報になります。

お金の歴史をたどって知ったこと

  • 太古の昔に「お金」はあったのだろうか?
  • そもそもお金って、いつ出来て使われるようになったのか?
  • そのお金の使い方、流通の仕方・され方は、どうやって出来て現在にいたるのか?

追求していく中で「世界金融支配体制」を知った

「世界金融支配体制」を知ったときは、やっぱり本当なんだ・・とショックをうけました。

けれども、これから先の未来をより良くしていくためには、まず現状を知り受けとめることが必要だと思っています。

「世界金融支配体制」には、どんな意図があるのでしょうか?

世界金融支配体制とは

少し前までは陰謀論的に扱われていたようですが・・

これは紛れもない事実です。

「イシキカイカク大学」3期で池田整治先生の講座でも学んだので、世界にそういう闇の組織があることを確証しました。

ここでもCGS番組にある動画をご紹介しますね。

誰に支配されている!? 〜お金に支配された民主主義〜 【CGS 日本経済 天野統康 第57回-1】

https://youtu.be/aun_NQcVeso

天野統康先生のお話は、「じっくり学ぼう!日本経済」の第57回-1 から 第57回-4 まであります。

こちらから検索していただき、どうぞご覧になってみてください。

これを知った時に先ず思ったのは、

光花

一般の銀行だって民営だし、全部支配されてるってこと・・?

コントロールされていることを知らずに、毎日働いている人、利用する人は沢山いるじゃない。

銀行を利用しない人、いや、お金を使わない人なんていないから、全員支配下ってことジャン!

・・・・・

外交・政治・経済活動の様々なマクロから、ミクロの私達の日々の生活にまで影響が及んでいるのです。

それも知らない間、気づかぬうちに・・

「お金」は世界とも密接な繋がり・関わりがある以上、切り離すことは容易ではないと思います。

影響されていること

段々と格差社会になって来ていると感じているのは、私だけではないと思います。

世界全体でとらえれば、1%の超大金持ちと、99%の大多数の一般人といった構造になっています。

超大金持ちの中にある闇組織は表には出ないで、裏で「お金」を使って「世界金融支配体制」の意図するところに力を働かせます。

そうしてだんだんと一般の中でも格差が広がっていきました。

格差が広がって行くと、どんな感じになるでしょうか。

格差がうむ悪循環

格差が広がっていくと・・

  • お金がある人を「うらやみ」「嫉妬し」「ねたみ」・・
  • お金のある所から「奪おう」としたり・・
  • 「お金が儲かった」「損した」と一喜一憂したり・・
  • 「多い・少ない」「勝った・負けた」「取った・取られた」と対立がうまれ・・
  • やられた方は「苦しむ」「うらむ」「やり返す」・・

お金のある人とない人の間で、争いや犯罪が起こる原因となりえる。

なんか、凄くいやぁ~なエネルギーですね。

なにもかも、判断基準がお金中心のような風潮になっていませんか?

  • 今、自分が儲かれば良い。
  • 今、儲けた分で自分の好き勝手に生きる。
  • 今が良ければそれで良い。
  • 今だけ、金だけ、自分だけ・・

格差社会が進行するだけでなく、こんな風潮がまん延するようになれば、

ますます「世界金融支配体制」の思うツボにはまって、不安や対立を生むようなことになっていきはしないでしょうか?

そして未来に希望が持てず、将来に不安要素があると、お金を使わず貯めようとします。

貯金が悪いといっているのではなく、

ドンドン偏って、循環しない流れになっていくのが良くないと思っているのです。

光花

「お金」は血液と同じ。

かたよることなく、ため込みもしないで

本来、循環していないといけないものです。

どれだけお金があったとしても、死んで持っていける訳でなし。

財産は子や孫に・・ということは勿論あるでしょうが、ありすぎると身内同士の争いになったりもしますからね。

欲を出すとキリがありません。

出した分が返ってくると思って、快く手放し使った方が、自分も世の中もお金の巡りは良くなるのではないかと思います。

「お金」の役割とは?

「世界金融支配体制」があることを知ると、さきざき希望が見えなくなるように思うかも知れません。

でも、お金ができた時からそうだったのかと言うと、決してそうではないと思います。

お金というものが、無かった時代もあったはず。

最初は違っていたと思うんです。

その時は、どうだったんだろう・・とイメージしてみました。

物物交換・・?

実際、物と物の交換はできるけど、物だけじゃないし。

「お金」の役割とは?

価値と価値の交換


価値の交換をすることによって

  • 相手が喜んでくれる
  • 誰か喜んでくれる
  • 何かの役に立つ

お金というものがあってもなくても、お互いの信頼関係でつながり、生活や社会全体で巡るように循環していく。

シンプルにただそれだけでいいんじゃないかなぁ~と、思ったんです。

一足飛びにそんなふうにはならないでしょうが、

新たなお金の仕組みを構築していくことをみんなで考えていけると良いと思います。

「経済」と「お金」は切っても切りはなせません。

「経済」の意味や目的は「経世済民」です。

そのことについて投稿した記事はこちらです。

あわせてご覧になってみてください。

https://harmonyoneness.com/mokutekiisiki-minaosu

これからの未来と「お金」との関係を考える

お金の仕組みを知った上で、この先どうしたらより良い世の中へとなって行くのかと、私は未来の構想をイメージしていきました。

そして幸せな生き方を追求する中、

本来あるべき「お金の循環の仕方」で生活できたら、みんな笑顔でイキイキ暮らせるなぁ~と、

”Harmony Oneness”未来像のイメージに至っていったんです。

私のイメージは、戯言のように感じる方がほとんどかも知れません。

実現するには何十年とかかるかも知れません。

それでも

Harmony Oneness(ひとつの調和した世界)には、すべての人が幸せであるように・・と、祈る気持ちが原点にあり、すべての人が幸せであるために必要な未来像です。

現在のお金のことを学ぶと、いろいろあり過ぎて頭がパンパンになりそうです。

ですが、そういう分野にたけた方々の知識や知恵を集約させれば、

新たな「お金の仕組み」はできると思っています。

最初から「そんなの難しいだろ・・できるわけない・・」などとあきらめていたら、

なんの進展も望めません。

頭をやわらかくし自由な発想をして、できることから始めていけばよいでしょう。

お金に左右されるのではなく、お金の役割と力を発揮させてお金に働いてもらう。

豊かで幸せな人生を送るのにお金を活用するのは、私たちが主体なのですから。

少しでもより良い世の中へとなるように、

一部の地域でもコミュニティーができて、モデルケースのようになっていったら、

そこからだんだん波及していくのではないかと希望を抱いています。

未来のあり方を考えよう!

  • どんな世の中で、自分は生きてみたいか。
  • 多くの人が幸せにあふれる生活は、どんな暮らし方なのか。
  • その中で「お金」は、どんな役割をもって循環すればよいか。
  • そのためにはどんな仕組みになればよいか。

未来の子どもたちのためにも何か考え、イメージし行動していくきっかけにして頂けたらと思います。

幸せな人がドンドン、ドンドン増えていくことが、より良い未来の創造に繋がっていきます。

今のお金の仕組みから解放され、

本来の「お金」のあり方で循環する地域・社会に移行していく。

そんな未来を創造したいです。

ご縁に感謝します。

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

コメントする