コロナ渦において、政府の対応はどうなのか?・・と、それまで無関心であった方でも政治に対する関心が、今までより高まったことでしょう。

政治決断が私達の生活に直接影響し、政治と生活は直結しているんだという認識も深まったのではないでしょうか。

一連の対応を顧みて、どのように思われましたか?

政府の対応が迷走するのは、多くの問題点があるからです。

そもそも、なぜ多くの問題点を抱えてしまったのでしょうか?

これまでの政治との関わり方を省みて、現状認識する事が重要です。

国民が主体になって、この先の生活や社会を見据えてどうあるべきか、一緒に考え参加する「参政党」をご紹介します。

 

これまでの意識と関わり方を省みよう

 

選挙の投票率を見たら一目瞭然ですが、政治に対する参加意識がある人は、一体どれだけいるのでしょう

選挙の投票に行ったとしても、何を判断基準にして、一票を投じているのでしょう

日常生活の中で、家族や友人や職場とか関わる人と、政治の話をする人がどれだけいるでしょうか

 

私自身を振り返ってみますと・・

政治に関わるのは選挙の時ぐらいしかありませんから、これまで投票は行ってきました。

 

では、何を判断基準にして投票していたかと言ったら・・

 

若い頃は投票する人のことが全く分からないから、家族に聞いていたかな?

国政選挙は保守政党がずっと強い県という事もあって、何となく自民党の候補者に投票。

一度知事選に高校の恩師が立候補されたので、共産党候補の先生のお名前を書きました。

身近な自治体の選挙になると、大体は近くにお住まいの方、またはお付き合いがある人から頼まれた方。

どんな人で、どんな政策をしようとお考えなのか、よく知ろうともせずに投票だけしている感じでした。

 

もっと世の中の事を知らないと・・と思って、政治について新聞TVのニュースを自ら見るようになったのは、小泉さんが郵政民営化を訴えていた頃だったかな・・

その頃までTVが報道する政治に関する事件とか問題は、つまらないニュースとしか思えなくて無関心でした。

自営業だったので「商売人は選挙には関わるな」と家族から言われましたし、立候補者の演説や講演会に足を運んだこともありません。

 

振り返るとホント適当というか、いい加減なもんです 🙄

 

選挙には行くけれど、自分が政治に参加しているという感覚や自覚など皆無。

もっとこうなったら良いのに・・と思う事は多々あっても、一向にそうなる気配は感じられず、

少し政治に関心を持つようになったとは言え、ニュースをちょこっと見ては「政治なんて当てにならない」と思っていました。

 

 

政治問題が山積した5つの根本原因

 

今はそれなりに?学び、随分意識が変わったので、自分なりの判断基準で考えるようになりました。

私の体験や学んだ事から、今の政治問題や課題が山積した、そもそもの根本原因を5つ上げてみます。

 

1.無関心

私がそうであったように、政治に無関心。

政治を「知る・関心を持つ・考える」教育と環境がないから。

 

2.依存

政治家が何とかしてくれる。

誰かがやってくれる。

それが当たり前で、政治家の仕事だろ・・と思っている事。

 

3.諦め

誰がやっても変わらない。

一向に良くなんてならない。

どうせ変わりはしないだろう・・と、期待ハズレの連続で諦める。

 

4.メディア

公平な立場からでなく、偏った報道をする。

何かに都合の良い空気感を、公共の電波を利用して作り出す。

真実や正しいことを報道するものだと勘違いしている人や情報弱者は、自分で考えず風潮に流される。

 

5.利権と保身

政治に対する、国民の意識は離れている。

ゆえに国民に意識が向かない、利権と保身に囚われる政治家が増える。

 

私はこう思いますが、皆さんはどう思われますか?

 

 

責任はどこにあるのか

 

政治家が選挙で選ばれるのは周知の通りですが、選挙で勝ち当選するためには「お金」と「数の力」が必要です。

そこに、日本のみならず世界の経済界・財界・組織の大きな利権が、外交にも絡んで関係してきます。

 

メディアもそのひとつ。

スポンサーあってのメディアですし、情報いかんで大衆をコントロールできますからね。

 

己の利益のために政治家を利用し、政治家は名誉と権力に拘わり、自己保身のためにもそれらと繋がる。

全ての政治家がそうであるとは決して言いませんが、政治を取り巻く構造の仕組みが問題なのです。

その構造は、政治家よりもそう言う”力”の方が、優位な立場にあると言えるでしょう。

 

本来政治で一番に考えるべき「国民の安心・安全・幸福のための政治」が機能しないような状態になっているのは、政治家の責任でしょうか?

 

政治家を選んでいるのは国民です。

「国民の民度」が政治に現れているのです。

現状認識ができていない、国民の側にも責任があるのです。

 

 

理想と現実のギャップを克服するには

 

さて、どなたにとっても「理想」というものはあると思います。

政治に対してだけでなく、自分の望みや願い、叶ったらいいな・・と思う事ってありますよね。

「理想」や「夢」を持つことは、とても大切です。

憧れやなりたい自分、「理想」や「夢」があって、目標や目指すものがあるからこそ、努力したりやりがいを持って前向きに進んでいけます。

 

その過程で、何かしら現実の壁にぶつかることはあるものです。

「理想」と「現実」にギャップがあるから、それが悩みの種になったりするんですよね。

 

悩みを一度も感じずに、人生を生きる人など先ずいません。

悩みを克服していくことが、その人の人生の課題であったり、人として成長するチャンスやステップになります。

 

そのためには、悩みの種の原因は何か?」としっかり向き合って、現状を認識することが必要です。

 

悩んでいる持病があるのなら、ストレスだったり不規則な生活習慣だったり、何かしらそうなった原因があるでしょう。

その現状認識をするから、改善する道筋や方法も見い出していけます。

 

人生でいう「悩み」は、政治における「問題」と同じです。

上記の文章の「悩み」を「問題」に、「人生・人」を「政治」に、置き換えて読んでみて下さい。

同じことが言えるはずです。

 

 

理想だけでは実現しない

 

人類全体で大きな理想を掲げるなら、何と言っても「平和」かも知れません。

平和な世の中を、誰もが願います。

 

「平和」のために、「戦争」をしないために。

大義名分だけを振りかざし、何でも反対する論調があります。

憲法9条があれば、本当に平和が維持できるのでしょうか?

米国との安全保障条約があれば、米国の軍人が命がけで日本を守ってくれるのでしょうか?

 

近隣諸国の動きは、怪しいものばかりです。

コロナ騒動の最中であっても、つい先日にも尖閣沖で日本の漁船が中国の海警船に追尾されました。

日本の海域であるにも関わらず、まるで日本が境界を越えたような物言いで、我が物にしようと虎視眈々と迫って来ます。

 

軍隊が出動し、武器を使う事だけが、戦争ではありません。

事実と違うことをでっち上げて、間違った情報を撒き散らして誘導して行くのも、情報戦です。

そういう歴史的事実があります。

 

国際情勢は刻々と変化し、今の法では現状にそぐわない点が多々あることを知れば、理想だけで平和を維持できるものではありません。

 

現状認識が甘すぎるから、諸外国はやりたい放題です。

世界の現実をもっと学ぶ必要があります。

知らないと、有効な解決策も見いだせません。

 

現状をしっかりと認識した上で、具体的な解決策を議論し、問題をひとつひとつ克服をしていく必要があるのではないでしょうか。

 

一足飛びに世界が平和にはなりません。

向かうべき理想である「平和」の実現に近づくためには、段階が必要です。

 

まともに議論をするには、同等の知識と現状認識が共有できている事が前提になります。

その件はこちらのブログにありますので、是非参考にしてみて下さい。

 

より良い選択をしていくために【言葉の意識と議論の在り方】

 

 

「理想」を「現実」にしていく道

 

「理想」だけでは成り立ちません。

「天」と「地」があるように、天を目指すなら地に足をしっかりとつけること。

現状認識があってこそ、理想を目指せるというものです。

 

その上で、国民の政治に対する意識を高め、みんなで考えていく必要があります。

 

このブログで度々ご紹介してきました、CGS番組を提供して下さっている神谷宗幣さんが中心となって「参政党」が結成されました。

これまでやこれからの日本の行く末に、既存の政党では希望が見いだせないでいる私にとって、「参政党」は新しい風を巻き起こす希望す。

私は是非とも応援したいし、多くの方々に周知して頂きたい!です。

参政党

 

どんな活動をしているのか、 興味があるという方は、無料でサポーターになれます。

サークルに入る様に一般党員になって、メルマガを受け取るだけでも、多岐に渡る有益な情報から現状認識がとても深まります。

こちらから、先ずどんな政党なのか、知って頂けたらと思います。

 

 

 

長い歴史の中で、ご先祖様や先人の方々が、何度も何度も国難を乗り越えてきて「今」があります。

先人の方々の功績に感謝し、未来を担う子供達、これから生まれ育つ新たな命のためにも、今を生きる私達には責任があります。

 

これからの日本をもっともっと良くしていって、世界の大調和に貢献していける国になるように・・

 

そういう思いが少しでもある方々は、是非参加して頂きたいです。

政治の主体は、私達国民ひとりひとりです。

 

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す