潜在能力を引き出し発揮し 活かすための意識【自信】

自分に自信が持てない・自信がない。
出来るかどうかも分からないし、チャレンジする勇気もない。
失敗したくない。恥ずかしい思いをしたくない。
メチャクチャ緊張するし、ドキドキして怖い。
そんな風に、やる前から尻込みしてしまうこと・・ありませんか?

「自信」はどうして生まれるのか、どうしたら「自信がつく」のか?

誰にでも、素晴らしい能力や可能性があります。
尻込みすることなく、自分の潜在能力を引き出し発揮していけるように、今回は「自信」という意識についてお伝えしていきます。

 

一歩踏み出す勇気から学んだ「自信」

20年程前、お客様からご縁を頂いたMLMの会社がありました。
その会社は「教育」をとても重要視していて、それからモチベーショントレーニングやリーダーシップトレーニングなど、何度も何度も受けました。
夢や目標設定、成功哲学・・全く考えたこともなかった私が、セミナーや勉強会で学び意識し、出来る実践をするようになっていったきっかけとなりました。

苦手なことにも挑戦する。
それも積極的に。

そんなトレーニングに初めて参加した時は、もう緊張の極みでした。
積極的に行く人は、先に先に前に出て行く。
取り残されるのはイヤだし・・かと言って前に出るタイミングにサッと手が挙がらない。
一瞬のタイミングが必要な時は、考えると動けないんですね。

もうどうにでもなれっっ! なんとかなるっ! 当たって砕けろっ! えいっっ!
・・みたいな感じで思い切って、一歩踏み出す勇気を出した瞬間がありました。

結果は・・途中で頭の中が真っ白になって、手も足もガタガタ・・人から見ても分かる位に震えて・・そんなでした。

上手く出来なかったけれど、そんな私の勇気を出して一歩踏み出した体験が、「自信」に対する意識の最初の一歩となりました。

 

 

「自信」とは?

私は、何かが出来るようになって、「自信がつく」ものなのだと思っていました。
出来てこそ「自信」になると。

自分に自信がないのは、○○が出来ないから?
じゃあ、やらないでいたら、出来ないから、いつまでたっても自信がつかない・・ってこと?

先にお伝えした体験は、そうではないのだという最初の気づきになりました。

上手く出来ても出来なくても、失敗でもどんな結果であれ、やってみた自分がいた。
その一歩を踏み出した自分のことを、良くやった!・・と思えたことが「自信」になったのです。

「自信」とは、書いて字の如く「”自”分を”信”じる」こと。

自分を信じてこそ、「自信」に繋がるということが分かったのです。

 

自信に繋がる「自己肯定感」

どんな自分も大好きで、どんな自分も素晴らしい。
出来ても出来なくてもとにかくやってみた、よく頑張った、些細なことでも出来た・・etc. 自分の全てを受け入れ認められる。

“自己肯定感”とも言えますが、自分に対する信頼度が高まれば高まるほどに「自信」がついてくる。

「自信」が湧いてくる。

そういうものなのだという事が段々と分かってきたのです。

 

自己肯定感については、白木ケイシーさんのブログをご紹介しますので、参考にして下さいね。

【自分との関係】自己肯定感を高めて幸せになる方法【自分大好き】

 

先ずは自己肯定感を高めていくこと。

そして自分に対する信頼度を、ドンドン高めていって下さい!!

揺るぎない「自信」が湧いてくるのが感じられるようになります。

自分を信頼できる人は、人からも信頼されるのです。

 

 

「自信」と「潜在能力」との関わり

思考は実現化するんだ・・という事も学んで、顕在意識とか潜在意識とか、色々と学びました。
表に現れている顕在意識は、氷山の一角でほんの少し。
内にある潜在意識・能力の方が、圧倒的に多いし大きい。
成功者は、その潜在意識や能力を活かしているのだという事も学びました。

どうやって活かすのか・・? そもそも私にどんな潜在能力があるのか・・?
眠っているような能力や可能性があるのなら目覚めさせ、引き出して活かせるようになりたい。

そう思い、出来る事は実践しながらも、目に見えるものでもなく感覚的なものなので・・
試行錯誤を繰り返しているような状態でした。

しかしながら積み重ねてきて、「自信」が深まり高まることで「潜在能力」が引き出されてくる。
そんな感覚が自分なりに掴めたのです。

それは、本当の自分(魂)と繋がっている・・そんな感覚です。

 

「潜在能力」は「魂」と繋がる

「一霊四魂」はご存知でしょうか?

そもそもこの地球の物質世界にいる私達なのですが、物質である肉体があって人として存在しているだけで、全てエネルギー体(霊・魂)なのですね。

戦前までは誰にも「一霊四魂」の認識があったそうですが、封じ込められてしまったようで、私も数年前までは全くの無知でした。

「一霊四魂」のご理解を深めて頂けるように、”CGS”の番組をご紹介しますね。

1300年前から伝わる大和魂の構造【CGS 出口光 封じ込められた日本の心 第5回】

https://youtu.be/fRDney7ODBo

この魂の構造を見て「自信」や「潜在能力」との関係が深いのは「直霊」の部分だと感じたのです。

「直霊」は宇宙のようなイメージで、無限のエネルギーがあるのです。

 

封じ込められた日本の心【CGS 出口光】 出口光先生のこのシリーズは全12回あります。

理解を更に深められるよう、是非ご覧になってみて下さいね!

 

四魂のバランス

私が理解し感覚的にも分かったことは、「四魂」のバランスが取れる程に「直霊」との繋がりが深まる。

それが「自信」と繋がっていると言うことです。

奇魂(智)探求する力

知恵をつける・知識を得る・興味関心を持つ・掘り下げて考える

広い知見を持つ・体験経験値を上げる・洞察力・追求する・分析力

判断力・発想力・好奇心

和魂(親)調和する力

人と仲良くする・人に親切にする・感謝する・笑顔・明るさ

話を聞く・柔軟性・対応力・素直・信頼する・敬う

荒魂(勇)達成する力

行動力・実践する・挑戦する・失敗を恐れない・根気・忍耐力

継続する・諦めない・ピンチをチャンスに変える・情熱・勇気

やる気・負けん気・達成感・乗り越える力・信念・志・統率力

幸魂(愛)愛し育てる力

愛する・大切にする・慈しむ・褒める・認める・受け入れる・無償の愛

尽くす・思いやる・諭す・癒す・信じる

ざっと思いついた言葉を並べてみましたが・・まだまだあると思います。

四魂は感情や心、思考と関わりがあります。

それぞれのバランスを取り高めていきながら、「直霊」との繋がりを深めていくこと。

それが「魂を磨く」ことなのだろうと思います。

 

 

まとめ

「直霊」はハイヤーセルフ。 高次元のもう一人の自分です。
繋がりが深まる程に、「今ここ」の感覚・・今自分が何をして何を感じているか・・という感覚・意識が鋭くなっていくのです。
“今”に集中できるということです。

だから、過去に起こった何かを後悔するようなこともないし、先の未来の何かを心配することもない。
不安や迷いや悩みから解放されるというか、元々ないのだから余計な事を考えなくなるというか・・そんな感じです。

 

自然体での「自信」の感覚

冷静に自分自身を見つめられる。

ゆるがない、動じない。

自分に疑いがなくなる。絶対的信頼感。

情熱・勇気などのエネルギーが湧いてくる。

やる気が出て、意志が固く強くなる。

自分を信じきり「自信」が高まると、自然体でそんな感覚になってきます。

自分に対する絶対的信頼が「直霊」との繋がりを深め・・まさに高次元の自分という「潜在意識・能力」を引き出していく基になるでしょう。

潜在能力を引き出し発揮し、活かしていく意識には、自分をトコトン信じられる「自信」が鍵を握っています。

 

ご紹介した”CGS”の番組を発信していらっしゃる神谷宗幣さんが、主宰されている「イシキカイカク大学」

2018年から1期が開催されました。

1期から最終は4期までですが、私は3期から参加しました。

段々と内容が深く濃くなっていくため、1期での講義は2~4期へと続く学びの基本とも言える内容です。

各分野におけるスペシャリストである講師の先生方の、知的財産がここにあります。

興味ある分野の先生の講義を選ぶことも出来ますし、全部の講義を網羅することも出来ます。

様々な事象は繋がっているので、視野を広げ深められると、ドンドンと意識が変わっていきますよ!

チェックしてみて下さいね 🙂

 

ご縁に感謝します。

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す