失敗して落ち込んだ時の向き合い方【心をコントロールする7つの意識】

小さなミスから大失敗まで・・やりたいと思ってする人はいません。

誰も失敗なんかしたくありませんよね。

失敗してドォーンと落ち込む人。

失敗したことで、イライラして人に当たってしまう人。

生きていれば色々な出来事はありますし、人との関わり無くしての生活はないに等しいです。

失敗に対して、どう向き合えばよいか。

心をコントロールをする意識・考え方をお伝えしていきます。

 

完璧な人はいない

 

ミスや間違い、誤りの大小を問わず、その事で人に迷惑をかけてしまった・・

起きてしまった事にショックを受け、クヨクヨ悩んで気持ちが落ち込んだまま中々抜け出せない・・

失敗してしまう事、上手くいかない事、思い悩む事は、誰にでもあることです。

どんなに凄いと思う人でも、全てが順風満帆にいっているように見える人でも、何一つ失敗しないで生きてきた人などいないでしょう。

何一つ悩みはなく、落ち込んだりした事がない・・なんて人もいないでしょう。

誰でも失敗はしたくないけど、全てが完璧な人なんていません。

だから人間なんだし、一生それが続くわけではないのですから。

 

優しく自分を受け入れる

そんな時があったっていいじゃない。

どんな自分も優しく受け入れてみましょう。

 

 

人と比べる必要はない

 

得意なことも苦手なものも、千差万別、人それぞれです。

みんなが唯一無二の存在で、全部違っていて全部良いのです。

あの人は出来るのに、何で自分は出来ないの?と、人と比べて自分を卑下することもないのです。

 

自分を認め励ます

一生懸命やったよね。

よく頑張ってるね。

 

人と比べることなく、失敗した結果に囚われることなく、自分を認めれば良いのです。

 

 

人の言葉を気にしない

 

もの凄い苦労や失敗をしたとしても、とにかく歩み続け進んできた事を、自分が一番知っています。

しかしながら、周りの人は表面的に現れている現状や結果しか分からない面があります。

だから、その人なりの価値判断で色々なことを言うでしょう。

責めたり反対したり・・

 

人の気持ちが分からない、人を認められない人ほど、好き勝手に言いたい放題で、イライラの感情をぶつけてきたりするものです。

言う方はその人にとって良かれと思ってのアドバイスかも知れません。

 

が・・!

 

仕方がないことに囚われない

言われた言葉ををいちいち気にして、自分が落ち込んでいても仕方がない。

言われた言葉を自分の言い訳にして、失敗した理由を人のセイにしても仕方がない。

 

自分の本心、魂の声に正直に生きている人は、人が何を言ってこようが気にしません。

気にならないのです。

上手く受け流して「我が道を行く!」感じです。

 

 

全ては表裏一体でベストタイミング

 

そうは言っても・・

失敗した自分と人を比べてしまう、人から言われた言葉が気になってしまう。

中々気持ちが切り替えられない時もあるでしょう。

 

そんな時は、とことん自分と向き合うことです。

 

自分が相手に見ていることが、自分へのメッセージなのです。

自分が見ている世界、自分の意識が捉えている世界は、自分で創っているのですから。

 

失敗する自分を責めていると、人から責められるようなことを言われます。

失敗した自分を許せないと、そのイライラが相手の感情として自分に跳ね返ってきます。

自分の内面が相手の態度として映し出されるのです。

 

起きている現象は、自分へのメッセージ

内側の自分に気づきなさい

あなたに必要なことだよ・・

全てベストタイミングで起きますから、何事もチャンスと捉えましょう。

 

 

そもそも失敗などない

 

失敗と思うから失敗なのです。

全ては経験であって、失敗ではないのです。

どう捉えるかだけで、全然違います。

失敗でも悩みでも、その事に囚われてしまうと中々出口が見えなくなってしまいます。

 

課題に向き合う感じで、じゃあ、どうしたら良いのか?・・と、解決策を考えるようにしましょう。

色々な事があるから、人は成長できるのです。

 

同じ間違いや誤りをしたくなかったら、落ち着いて注意をはらって気をつければ良いのです。

そう出来るのも経験があったからこそで、失敗のようでも良い経験になったと言うことです。

 

小さな出来た!を認めて喜ぶ

気づいて 学んで 考えて やってみて 出来た!

 

小さな出来た!を認めて喜びましょう。

ちょっとづつ、ちょっとづつ・・そんな積み重ねをして行きましょう。

 

 

経験を「糧」にする

 

いずれにせよ、何事もやってみる。

行動あるのみです。

 

失敗を恐れて行動しなかったら、成長はないのです。

批判のような、人からされて自分が嫌だと思うことを、自分がしなければ良いのです。

心無い言動をされても、自分は愛をもって行動するように意識をすれば良いんです。

例え無視されたり分かって貰えなかったとしても、それはその人のタイミングで受け入れられる時が来ます。

 

全ての経験は「糧」になる

人はどうあれ気にしない。どんな抵抗があろうとも。

恐れるな!

一歩踏み出す勇気を持て!

やった分だけ成長できる!

 

悔しい思いや、自分の中から湧いてくるような怒りの感情は、情熱に変えられます。

行動していく原動力になって行くのです。

 

やっていない人が、色々と勝手なことを言うのです。

やっていない人が、楽に早く結果が出ることばかりに拘るのです。

 

答えや結果をすぐに求めず、一歩一歩、ひとつひとつ、やっていく。

行動していく。

焦らず慌てずマイペースながらも確実に歩みを進める。

そんな地道な努力を積み重ねた経験が「糧」となり、その人にとってもの凄い成長に繋がっていくのだと思います。

 

 

失敗しても立ち上がる人の「真の強さ」

 

失敗をしながらも挑戦し続ける、原動力は何でしょう?

 

挑戦し続ける人

出来ると自分を信じる信念の強さ

なにがなんでもやってやると言う、意志の強さ

“志”や成し遂げたい”目的”が明確。

そこに向かう”目標”が具体的。

そこに向かっていく過程を楽しんでいる

 

だから、少々の事でメゲたりしません。

ちょっとやそっとの失敗で諦めません。

悩む時間があるくらいなら、無意識にでも何か行動しようとします。

自分の時間を大切にします。

 

 

最後に

 

今回は、今の教育から抜けてしまった人格教育についてのCGS番組をご紹介致します。

 

人格教養教育とは何か? 【CGS 神谷宗幣 第69回-1】

https://youtu.be/Kb0SiGwOVDU

 

田口佳史先生は、世界のリーダーが学ぶ「東洋思想」に精通された方で、現在イシキカイカク大学4期で講義をされていらっしゃいます。

「人生をより良く生きるため」の道を探すために必要なことを、自らの人生に繋げていって下さい。

 

イシキカイカク大学は4期まで。 その講義も来月で終了します。

学びを深めるラストチャンスです。

 

 

 

 

自分の心は自分だけのもの。

意識次第でいかようにもコントロールできます。

 

7つの意識・考え方を参考に、出来ることから始めてください。

世界観を広げ、幸せな人生を自らで創っていきましょう!

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

2 件のコメント

  • なんとなく迷いがあったので、この記事を読んで勇気をもらいました。
    そしてこの部分がとてもささりました。「例え無視されたり分かって貰えなかったとしても、それはその人のタイミングで受け入れられる時が来ます。」
    また迷いを生じたときに見にきます!

    • Yukiさん、コメント頂き、ありがとうございます。
      このサイトでブログ発信する事に、まだまだ不慣れな状態なのですが、読んで頂きそう言って頂けて、とても嬉しく思います。

      自分の状態も、相手の状態も、全て丸ごと受け入れられるようになると、段々迷うこともなくなって、気持ちが軽く楽になると思います。
      一番大切なのは、Yukiさんの本心ですからね。
      自分を信じて、いっぱいいっぱい愛してあげてくださいね!

      ご縁に感謝します。

  • コメントを残す