一連の騒動で、最近は「健康」に対する意識が高まっていることでしょう。

生活習慣病とか言われるようになって、もう何年経つことか。

今はサプリメントが当たり前のように販売されていますが、健康な人はどれだけ増えたのでしょうね。

コロナウイルスに慄く状況を見ていると、健康意識が本当に高まるのは、これからなのかも知れません。

幸せな人生にとって「健康」は欠かせません。

そして、自粛する時に一番に必要になってくるのは「食料」ですね。

「食と健康」は繋がっています。

私がイメージする“Harmony Oneness未来像”に、「無肥料・無農薬野菜を作り、地産地消する」とあるのは、健康であるための食事が重要だからです。

現状を見つめ直し、その必要性を体験も含めて少し掘り下げてお伝えします。

 

「健康」の6つの要点

 

自分の体調もさる事ながら、これまで実家と嫁ぎ先の家族など、本当に身近で大切な人の健康状態に関わってきました。

入院する身内の付き添いも、何度か経験しました。

医師、看護師の方々にも、沢山沢山お世話になって、その仕事ぶりには頭が下がります。

今も多くの医療従事者の方々は、懸命に働いていらっしゃることでしょう。

尊敬に値します。

 

医療の現場を垣間見る機会を頂き、主人の他界後には「美容と健康」について学ぶ機会も頂きました。

さらにCGS番組で沢山の動画を見て、「健康」に関する認識を確認すると共に更に深め、確信していきました。

 

「健康」について学んだ基本とも言える要点を6つ上げます。

健康の要点

1.薬では治らない(薬は一時的に使うもの)

2.治すのは自分の体(免疫力)

3.免疫力を司るのは腸(菌の力)

4.栄養のバランスを取る

5.血液をきれいにする(体の酸化を防ぐ)

6.健康な時から健康を維持する(未病の時からの予防)

 

健康な人が増えれば、国の医療費負担は減り、国民の税負担も軽減されていきます。

どのくらい生活習慣として、意識し実践できているでしょうか。

 

 

現状から、根本を見つめ直す

 

「美容と健康」に関わっていた時期、MLMのシステムで健康食品を扱いました。

縁した会社の理念に共感し、自然由来の原料世界最高品質にこだわり、長く続けられる安心・安全な商品を提供するポリシーを持つ会社でした。

今は愛用者ですが、その会社は今年創立50周年になると思います。

 

お客様からの紹介で縁した当初、「自然」のものなら良いのかも知れない・・その程度の認識でした。

健康に関しての知識など、殆どありませんでした。

何度も何度も説明会などに足を運び、薬や治療では治らないような症状が改善されたという、喜びの体験談を私は数多く伺いました。

自分や身内家族で愛用し、実際に体調は良くなって行きました。

 

「食べる」ことは「生きる」こと

土台は「食事」

 

サプリメントも補う上では役立ちます。

しかしながら、そもそもなぜサプリメントが必要になるのか・・という根本を見つめ直すと、原因が色々分かってきました。

縁した会社が「自然」と「安全」にこだわる理由を理解しました。

「自然」と「安全」がどれだけ重要か、学びを深めて気づいていったのです。

そして、無肥料・無農薬で農作物を作っていかなければならないという結論に至ったのです。

 

 

野菜の栄養価の低下

 

私がサプリメントを摂るようになったきっかけの1つは、野菜の栄養価が低下していることを知ったからです。

子供の頃に食べた野菜との違いも、自分なりに感じていました。

同じように食べていても、栄養が摂れていないなら補うしかない・・と思いました。

 

でも、なぜ野菜の栄養価が低下してしまったのでしょうか?

 

昔と今の違いを振り返れば、その答えが見えてきますね。

は、季節の物がその季節に取れて、それを頂いていました。

旬の物というやつです。

 

はどうでしょう。

スーパーに行けば、年がら年中、野菜が豊富に出回っています。

どの季節に何が旬の野菜なのか、分からない人って多いのではないでしょうか。

 

便利と言えば便利です。

けれども、利便性と利益を優先する中で、農薬化学肥料大量に使われるようになって行きました。

 

形の整った物、日持ちがする物って、不自然だと思いませんか?

虫も食べないような野菜を、人間が食べて安全なんでしょうか?

 

野菜が育つ土壌が、様々な薬品で痩せてしまったから、野菜の栄養素が低下してしまったのです。

 

 

「自然の力」と「安全性」

 

栄養素の面だけでなく、知らず知らずの内に安全でない食品を口にして、アレルギーや癌とか色々な病気の原因に繋がってきていることを、もっと多くの人達は気づくべきです。

 

土のパワーを復活させる

化学肥料や農薬・消毒は極力なくす必要がある。

 

自然にはもともと計り知れない力が、備わっています。

まさに神業。

その力は偉大です。

見えないもの、科学的に証明されないものしか信じない・・というのは、狭い了見であるとしか言いようがありません。

 

自然崇拝は、人は計り知れない力を感じて来たからこそ、その力を畏れ敬い感謝してきた、日本の伝統でもあります。

自然災害や多くの国難を何度も何度も乗り越えてきた、日本の叡智とも言えます。

 

大地の上で暮らし、大地に育まれて生かされているのに、その大地を汚して来たのは人間のエゴです。

 

肥えた土壌を取り戻し、安心・安全な食品を頂くためにも、農薬や化学肥料はもう使って欲しくありません。

 

心ある人達が、無肥料・無農薬の農作物を作ってくれています。

その活動を応援し、全国に広げていく必要があります。

後継者の問題も目の前にあるからこそ、従事者が富める仕組み作りは急務です。

 

 

CGS番組のご紹介

 

これまでお伝えしてきた事は、実際に無農薬・無肥料で生産して下さっている方のお話を伺うことで、更にご理解して頂けます。

是非ともご覧になってみて下さい。

 

自然農法が伝える3つのメッセージ

【CGS 橋本進 健康と予防医学 第112回】

https://youtu.be/NS9WChBzxtA

 

ココが他とは違う!無農薬&有機農法 ひふみ農園

【CGS 横堀幸一 健康と予防医学 第100回】

https://youtu.be/FySvo5k524w

 

日本は農業を見直すべき!?1000年継続可能な農業を目指す国とは

【CGS 野々川尚 健康と予防医学 第97回】

https://youtu.be/cD6GdBL3bAE

 

必要性・重要性に気づいた方々からアクションが始まり、それを支える支援の場は、これからますます広がっていくでしょう。

家庭菜園を始めることも、とっても良いと思います。

 

 

地産地消と自給自足

 

コロナの件で露呈し、私が感じた最初の一つに、「日本はいつからそこまで中国依存の国になってしまったのか」と言うことでした。

中国だけではありません。

他国依存は諸外国ともども、職種も多岐に渡って。

グローバル化が進んだ弊害ですね。

 

利益を追求したあまりに、どれだけ日本の国内がないがしろにされて来たか・・

情けなくなるような有り様です。

 

最低限必要なものは、国内できちんと賄えるようにしておく事は、国益に結びつきます。

 

先ずは自立することが最優先です。

国内で自立した地域同士、足りない所を補い合い助け合っていく。

その流通が基礎としてあれば、有事の際にも混乱を避けられるでしょう。

 

食料も、その地域で採れた物を、その地域で消化していく事が、人の体にとって最も自然で理にかなった事です。

その土地に住む人が、その土地の物を頂く。

その土地特有の土着菌があるのですから、「土地に馴染む」という言葉があるように、そこで暮らす人の健康にも関係しています。

 

そして、いざこういう国難とも言える状況の中で、食料の自給自足は欠かせないことです。

生産性・利便性・利益を求めるばかりに、大切な事を見落としてきたこれまでを振り返る機会ですね。

 

 

「創造」は「想像」から

 

私はもう何年も前から、自分に全く制約がない状態を前提に、生きたい未来をイメージして来ました。

 

時間もお金も人との関わりも・・

全て自分の思うがままに自由であったら、皆さんはどんな生き方がしたいですか?

 

「創造」は「想像」から始まる

<エネルギーと宇宙の仕組み>

イメージ・思考は「自由」

イメージ・思考は「実現化する」

「愛と感謝」に満ち溢れた生き方ができる、未来を創造して行こう!

 

私の“Harmony Oneness未来像”は抽象的かも知れません。

具体的にどうして行くんだ!と、思われるでしょう。

けれども、イメージしてきた方向に進む動きが、実際に日本各地にあります。

 

時間軸の中にある地球では、時間がかかることもありますが、多くの方々の意識が変われば、実現するスピードは速まります。

 

今回“Harmony Oneness未来像”の「無肥料・無農薬野菜を作り、地産地消する」ことについてお伝えして来ましたが、その必要性を皆様に感じて頂けたらと思います。

 

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す