すべて意味があり必然!PartⅠ【目的を意識し意味を見い出す】

「今やっていることに、意味があるのだろうか・・?」と、思ったことはありませんか?

私は一時期とても頑張っていたことがあったのですが、ある時そんな思いがフッと湧いたのです。

その一瞬、プッツリと糸が切れたように途端にやる気が消え失せ、

それ以来人生の迷走状態になってしまいました。

私はそんな体験を経て自分と向き合い、意識を向上させるきっかけを頂きました。

人は生きていく中で様々な出来事を体験しますが、「すべて」において意味があります。

今回はお酒を例にして、込められた意味を豆知識としながら「物事の意味を知る」意義と、

充実した生き方に向かっていくための「目的意識」についてお伝えします。

すべてに意味がある

【豆知識】「お酒」に込められた意味

すべてに意味がある・・とお伝えしていますが、「お酒」を一例に色々な意味をあげてみますね。

光花

お酒には、そうとう古い歴史があります。

弥生時代には米の酒が造られ、奈良時代には朝廷のための酒が造られていたようです。

古事記にはスサノオノミコトが酒を造らせ、ヤマタノオロチに飲ませて退治した話も登場します。

神棚にお供えしたり、神社に奉納したり、古来から神事にお酒はつきものです。

お酒には色々な種類がありますが、神事と関わりが深いのはやはり日本酒でしょう。

「お神酒(おみき)」という言葉があるように、古くから神様と日本酒には密接な関係があったと考えられます。

光花

御 身 気(尊い身の気を清める)

お供えするお酒を「おみき」というのは、そんな意味もあるのかな・・

ふとそんな風に思いました。

お酒が古代から存在した一番の理由

「酒」には「浄化する」力が宿っている

アルコールには殺菌作用がありますね。

それも「浄化の力」と言えます。

浄化する力が宿っている「お酒」は、神聖な場所には必要なお供え物なのでしょう。

「お酒」にまつわるものの<意味>をあげてみましょう。

 楽しい雰囲気を醸し出す お祝いの席での “乾杯”

“乾杯”で杯を交わす

  • <意味>「約束ごとを固める」

みんなで1つの杯を回して飲む“杯事”

  • <意味>「お互いの関係性・信頼を深める」

 お祝いにふさわしい派手な演出 “鏡開き”

樽酒のフタを割り、中のお酒を皆で飲み交わす”鏡開き”

  • <意味> 縁起よく「運を開く」

 めでたい席でのお酒 神前結婚式で行う “三三九度”

大きさの違う3つの杯を使って、それぞれ3回ずつお酒を飲む

  • <意味>「夫婦の絆を強める」
    • 小さい杯は「過去」
    • 中くらいの杯は「現在」
    • 大きい杯は「未来」を意味している。

 お正月に飲む“お屠蘇”の由来説

“お屠蘇”(おとそ)の<特別な意味>

  • 「蘇」という悪鬼を屠る説。
  • 邪を屠り正気を「蘇生」させる説。
    • 屠(ほふ)る(意味→からだを切り裂く・敵を破る、打ち負かす)

“お屠蘇”飲むとき=作法=

  • 家族全員が東の方角を向く。
  • 飲む人の右側から注ぎ、飲む順番は年少者から年長者へと進める。
    • 「若者の活発な正気を年長者が飲み取る」意味合いと、「毒見」の名残。
  • 厄年の人は、厄年以外の人に厄を祓う力を分けてもらうため、最後に飲む。
  • 飲むときに「一人これ飲めば一家苦しみなく、一家これ飲めば一里病なし」と唱える。

 楽しい席だけで飲まれるものとは限らない “献杯”

故人に捧げる”献杯”

  • <意味>「死を悼んだり、敬意を表す」

“お屠蘇”は、平安時代に唐から日本に伝わったようです。

今ではやらない家庭も増えているでしょうが、宮中の正月行事として始められ、江戸時代には一般に広まった伝統行事です。

乾杯も元々は、「神や死者のためにお神酒を飲む」という宗教的儀式が起源のようです。

実に古くから、「お酒」は重要な意味ある物事との関わりがありますね。

「意味」を知ると「意義」がわかる

お酒ひとつとってみても、沢山の意味がありますね。

さすが、日本は世界で一番歴史が長い国です!

長きに渡って続いてきた多くの「伝統・文化・慣習」には、重要で大切な意味が込められたものが沢山あると思います。

重要な意味があるからこそ、受け継がれて来たと言っても過言ではないでしょう。

廃れそうになっている伝統文化や慣習があるのは、込められている意味を教わっていないからでしょうね。

私自身、知らなくてホントいい加減だったな・・と反省する事柄、多々あります。

一見、何の意味なのか分からないことでも、必ず意味があります。

光花

意味を知ると、なるほど!と納得ができて、理解が深まりますね。

「意味を知る」と 行う「意義」が見い出せる

  • 同じ行為をしていても、意識や捉え方が変わる。
  • 事柄に対して価値を感じ 有意義に活かせるようになる。

「意味」を見い出すための 日々の意識

目的を意識してやってみる

調べて意味が分かるものなら良いのですが、調べようのないものもあります。

光花

自分がしていることや起きている物事に対して、

「どんな意味があるのか?」

すぐに答えが見つかるものばかりではありません。

考えれば考えるほど、分からなくなってしまうこともあるでしょう。

逆に、まったく考えていない人もいるでしょう。

私はこれまでの学び中で、「目的」というものを意識するようになりました。

「何のためにそれをするのか」

そう意識をして、

考える ⇒ 意図する ⇒ 行動する ⇒ 振り返る・・を繰り返します

「何のためにそれをするのか」

考える

  • 何のためにそれをするのか?
  • それは本当に自分のやりたいことか?
  • 今、必要なことか?
STEP
1

意図する

  • それをするとどうなるか?
  • どんな結果がイメージできるか?
  • そうした後の、良い変化を意図する。
STEP
2

行動する

  • 楽しみながらやる。
  • 集中して取り組む。
  • 小さなことでも、「よし!」「出来た!」と感じる。
STEP
3

結果を振り返る

  • それをして「良かった。嬉しかった。」といった感情を味わう。
  • 意図したことに近づいたか?
  • 振り返り検証し、改善点を考える。
STEP
4

ステップ① から ④ を 繰り返す

「どんな意味があるのか」わからなくても、

少しずつでも意識をしながら行動していくと、必ず意味は見い出せるものです。

その意味に気づき意義がわかれば、色んな出来事に対する取り組み方が変わっていきます。

意識せずに “何となくしている” ことが多いものです。

「目的を意識する」習慣を、ぜひ身につけてみましょう。

意味ある必然は いつもベストタイミング

どう捉えて進むか

これにはどんな「意味」があって、どんな「意義」や「目的」があるのか。

そう意識していくことで、自分や周りの人、様々な事象に対しての、見方や捉え方が変わっていった実感があります。

すべての出来事は必然で、ベストタイミングで起こる

  • どんな事であっても、「乗り越えられる力がある」から与えられる。
  • 乗り越える努力をするからこそ、人として成長できる。
  • その先に道はかならず開かれていく。
  • 何事であったとしてもそれを体験するのは、何かしらの「意味・意義・目的」がある。

そう私は捉えています。

コロナの件で、世界各国含めて、世の中のあらゆる物事が大きく動いています。

そのすべてに意味があり、必然だから起こっていることです。

どんな意味があるのでしょうね・・?

光花

色々な情報に対しても、「それぞれの思惑にある目的は何なのか?」

・・という視点で、私は考えたりしています。

目先のことだけに囚われることなく、

冷静に受け止めて、この激動の大変革を意義あるもの」にしていきたいものです。

目的を意識した行動パターンで、前向きに一歩一歩進んでいきましょう。

「すべてに意味があり、必然で起こる」ことについて、こちらの動画もぜひご覧になり、理解を深めて頂けたらと思います。

【偶然は全て必然】出逢いから紐解く宇宙的な意味とは何か?

https://youtu.be/HjUsU-xWsiw

【真実】今この時代を選択して生まれてきた意味とは?

https://youtu.be/g8loo_uICvQ

「目的」を意識し意味を見い出そう

これまでお伝えしてきたことを、少しでも意識して行動できるようになってくると、必ず変化してきます。

すべてに意味があり すべて必然的に起きてくる

「目的」を意識し「意味」を見い出そう!

  • 冷静に自分を見られるようになる。
  • 物事に対して、「冷静に広く」捉えられるようになる。
  • 自分が主体的になって、客観視できる感覚がつかめる。
  • 気づきが増えると、直感力も高まって来る。

人生の時間には必ず終わりがあります。

目的を意識した行動は、貴重な時間・人生の有効活用です。

考えすぎず単純明快に感じる直感が、ある意味正解に近かったりしますよ。

小さな積み重ねでも、やがて大きな「意味・価値・役割」となって、点と点が繋がるように、自分の求める「人生の目的」へと繋がっていくでしょう。

Part Ⅱ「望む結果を意図する」

「目的を意識する」ことと、もう一つ意識する上で大切なことがあります。

それは「望む結果を意図する」ことです。

すべてに意味があるということを理解し、自分が生きる意味に自ら近づくために、自分で意図する。

そのことについての続きはこちらです。

どうぞご覧になってくださいね。

https://harmonyoneness.com/subeteimiaru-itosuru-no-2

ご縁に感謝します。

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

コメントする