正しい情報を選択していくために知っておくべき真実と 情報を選ぶ時のコツ

人は意識的にも無意識であっても、一瞬一瞬何かを選択して生きています。
何食べようか、何から食べようか・・なんて毎日の些細な選択から、人生の節目で重要な選択に迫られることもあるでしょう。
「選択の連続で人生を創っていく」と言っても過言ではありません。
どんな選択がしたいか・・と言えば、最善・BESTな選択がしたい!と、誰でも思うことでしょう。
では、どうしたら最善の選択をして行けるのでしょうか?
方法は色々ありますが、今回は正しい情報を選択していくためにも知っておくべき真実と、情報選択のコツをお伝えします。

 

情報が溢れる時代

今はインターネットが普及して、ちょっと検索すれば欲しい情報を、手軽に直ぐに見つける事が出来るようになりました。
インターネットだけでなく、新聞やテレビ、書籍・雑誌等、情報を得る媒体は無数にあります。
情報を得るだけでなく、自分から発信していくことも、インスタやツイッターなんかの投稿で非常に簡単にできますね。
目まぐるしい程の情報が、毎日もの凄いスピードで流れている。

そんな中、自分で情報を選んで、意識的にも無意識的にも何かを判断しています。

情報の選択が間違っていたら、正しい判断ができませんね。

「選択の連続」が人生を創っていくのに、変な方向に進んでしまうことにもなりかねません。
人生に影響していくのですから、どんな情報を選択しているか?・・
それってとっても重要なことなんですね。

 

情報の影響力

音楽を聴くのも、情報を選択して情報を得ていると言えます。
楽しい音楽を選んで聴けば、楽しくなったりテンションが上がったりするし、音楽で癒されたり集中したり、何となく物悲しくなったりもしますよね。
ささいな選択でも、影響力は確かにあるわけです。

学校で学ぶこと、友達との会話、テレビで放送している番組、自分で受け取る印象や感覚や感情も・・何もかもが情報と言えます。
噂も情報ですよね。
あの人がこんな事を言った・やった・・とか。
それが「嘘」であったとしても、その嘘の情報を本当だ思い込でしまうことってあったりします。
どんな情報でも、影響があるということです。

 

命懸けの情報収集

私が歴史に興味を持った時、当時の時代背景や、その時代に生きた人の思いや生き様が知りたくて、一時期大河ドラマとかを一気見しました。

例えば「戦国時代」とかで、武将が戦に勝つために作戦を練る。

そういう時って、大将だったら最後は自決も覚悟だし、自分だけじゃなくてお家や足軽とか共に戦う人の命がかかっていますよね。

作戦如何で生死・勝敗が決まる。  それはそれは命懸けの作戦になるわけです。

様々な駆け引きや準備、その土地の情報収集、忍びやおとりを使ったりして、噂も流したりしました。

正しい情報をどれだけ得て活かすか。 そして利用するか。

優秀な軍師の存在があったりして、大将の判断と決断へと繋がっていく。
情報を利用することは、今みたいに電話やインターネットがなかった時代でも非常に重要で、ありとあらゆる手段を駆使したのだろうと思います。

命懸けの情報収集には、何が正しくて何が嘘なのか、今よりずっと敏感な選択と判断力が伴っていたのではないでしょうか。

 

 

正しい情報を選択していくために知っておくべき真実

私は、どうしたらより良い世の中へとなるのか?という視点で様々な検索をしていて、自分が洗脳されていたことに気づきました。

洗脳の原因は、情報が操作されているという真実でした。
なぜ情報が操作されるのか、その理由も自分なりに理解しましたが、ここでは先ず真実を知り受け入れましょう。

 

プロパガンダ

カタカナ言葉がしっくり来ない私。
プロパガンダって何?・・って感じでした。

プロパガンダとは「特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為」です。
簡単に言うと「ウソの情報を信じ込ませる」こと。

“CGS”の番組や”イシキカイカク大学”で、沢山の学びを頂きました。

“イシキカイカク大学”で、ケント・ギルバートさんの講義を受けましたが、その手法たるや数知れず・・ホント見事なものです。

 

WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)

これは戦後GHQに日本が占領された時に、占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画」です。

戦後のメディアは、GHQのプロパガンダを広める手先として発展してきました。

検閲があるので、情報は統制、管理されています。
マスメディアや教育を通じ、情報により誘導せ、日本人を愚民化させることが目的です。

「報道の自由」「言論の自由」とかいいますが・・

報道の自由

● 正しい情報・公平公正な情報を流さない。

● 嘘の情報、フェイクニュースを流す。

● 一方的な偏った情報ばかりを流す。

全部「自由」なんですね。

情報をを鵜呑みにしてはいけないと、つくづく思います。

「日本国憲法」や「教育改革」もWGIP計画に入っています。

だからか、学校ではそういう事を一切教えては貰えませんしね。
このWGIPにまんまと引っかかり、日本国民全体が現在進行形で詐欺にあっているようなもんだ・・と思います。

 

“CGS”の番組ご紹介

是非、学びを深めて大切な情報選択のためにもお役立て下さい。

WGIPって何だ? 【CGS 神谷宗幣 高橋史朗 第138-1回】

https://youtu.be/F_iGtT3YpNo

 

ケント×渡瀬  大丈夫?日本の報道機関

【CGS ケミストリー 第9-3回 ケント・ギルバート 渡瀬裕哉】

https://youtu.be/w7LMu5vZdyk

【正しい情報を選択していくために知っておくべき真実】でお伝えしたことが、こちらで更に良くご理解いただけた事と思います。

 

 

正しい情報を選択していくために

情報を選択していく大切さと、その情報がマインドコントロールに利用されている事を踏まえた上で、どのように情報を得て判断していくのが良いのでしょうか?

情報の選択

ここでお伝えしたいポイントは3つあります。

情報選択のポイント

1.根拠があり、理にかなっているか?

2.そこに”愛”はあると感じるか?

3.心地よいか?

そんな事??って思うかも知れませんね。
情報もエネルギーですからね。

変な意図を何となく感じたり、マイナスイメージの湧くものは、極力避けます。

議論しているようでも感情的になって、言い争いになっているような会話も避けます。
心地よいことないですし。

そんな情報を見たり聞いたりするのは、時間の無駄です。

感情論になっているような情報は、大した根拠はないと思います。

どうでも良いような情報をひたすらメディアが流す時って、本当は重要な何かがあるのに、そこに関心を向けさせないようにする意図があります。

そういう時こそ、アンテナを張った方が良いですね。

 

情報は 考え判断する材料

大河ドラマの「篤姫」のワンシーンで、こんなセリフがありました。
「一方聞いて沙汰するな」
片方の言い分だけを聞いて判断するな・・という事ですね。
まさにその通り!って思いました。

同じ物事に対しても、賛成・反対・様々意見や見方、考え方があります。

賛成意見・反対意見の両方を知る。 違う意見や考え方にも耳を傾ける。

多くの意見を聞いて、疑わしいことは取り除いていけばいい。

自分はあくまで冷静に中立的立場で、全体を観るような視点に立つことが大事だと思います。
そして自分で考え選択・判断し、行動していく基準としていく

広い視野・視点を持って、選択の幅を広げ、判断材料を増やしていく。

その積み重ねは人としてのを大きくしていくことになります。
段々と、直感で正しい選択ができるようになっていきますよ。

 

 

最後に

戦後に仕組まれていった計画により、自虐史観を持たせ、日本人の精神性を劣化させ、誇りを持たない民族にしていく。
見ない・聞かない・考えないように・・無関心にさせ、考えさせないようにする。
そのために、教育含めて情報が管理・コントロールされている事実・真実を知りましょう。

今のこの情報のスピードと量が膨大なご時世で、正しい情報を選択していくには、何に関心を持ち、どんな情報を選んでいくか、判断能力が必要になってくるでしょう。

正しい情報を選択していけるように、広い視野を持ちながら、自分の価値判断・自分軸をしっかり持つようにしましょう。

 

ご縁に感謝します。

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す