地域活性化から考える【祭りとは?日本の信仰と伝統文化の由来を知ろう】

神社参拝って、どなたもされますよね。

初詣や厄払いの節目の時とか、何かを祈願し参拝するでしょう。

参拝しながら心に思うことは人それぞれでしょうが、その根本にある願いは「幸せ」ですね。

幸せを願わない人は、誰一人としていないのではないでしょうか?

全国津々浦々、至るところに神社があります。

神社だけでなく、お寺や小さな祠に至るまで・・数えたら一体いくつあるのでしょう・・

その全てが、もの凄く長い歳月を経て出来てきたのでしょう。

そこに込められた思いに思いを馳せながら、今を考えてみます。

 

地域の伝統行事

私が住んでいる地元では、毎年5月に神社に子供歌舞伎を奉納するお祭りがあります。

5つの町内に立派な山車があって、5年に一度、子供歌舞伎を奉納する順番が回ってきます。

もういい大人になっている二人の息子達も、小学生の時に出演させて頂きました。

 

その当時は、町内に小学生は何人もいましたが、今は少子高齢化が進んで、祭りの運営の仕方も変わってきています。

地元のお役をされていらっしゃる方々も、高齢化の流れには逆らえません。

かといって、若い担い手となる世代は減少するばかり。

どうやって伝統行事を維持していくのだろうと、少子高齢化が進む以前から、私にはそんな思いがありました。

 

お祭りの子供歌舞伎に自分の子供が出演した時はもう一生懸命でしたが、それとは裏腹に毎年のこととなると、またか・・みたいに、面倒くさいと言うか、お付き合いだから仕方ないと言うか・・

そんな思いも実際にはあって、ずっと隠れ祭り嫌いでした。

しかしながら、ここ数年色々学んだことで、だんだんと意識が変わってきました。

 

 

祭りは地域活性化のイベントか?

全国各地で地域の活性化を目指して、自治体含め個人に至るまで、様々な政策や催し・企画が運営されていますよね。

なんとか地域を活性化させ、経済的にも潤いたい。

目指すはそんなところでしょうか。

そして歴史・伝統文化の継承と銘打って、祭りが執り行われます。

勿論それはありますが、「祭り=イベント」のような風潮があるように思えるのです。

 

地域の活性化も、歴史・伝統文化の継承も、とても大切なことだと思います。

それにも関わらず、私のように、またか・・とか、お付き合いだから仕方がない・・とか言う意識。

それから、祭りでひと儲けしよう・・とか、祭りで人集めすることで活性化させよう・・とか言う意識。

本来の祭りがどんなものなのかという事を、すっかり忘れてしまっているように思えたのです。

だから、毎年恒例で執り行っていても、なかなか活性化には繋がっていかない。

そんな風に感じるのは、私だけかしら?

 

 

そもそも「祭り」とは何か?

伝承が薄れている現状

地元の神社の祭りが行われる時は、御神体を神輿に受けて、町内を練り歩きます。

そういう神事をしているわけです。

祭り=祭祀=神事なんですよね。

祭りに関わっている人達が、その事をどれだけ理解し意識しているのかなと思うのです。

地元の神社の行事の由来や、地元の伝説とか歴史とか、詳しくないから説明はできないけれど、そもそもそういうことを特に知る機会はありません。

興味がない限り、中々知る機会や学ぶことがないんですね。

おじいちゃん、おばあちゃんが、その又おじいちゃん、おばあちゃんから受け継いできた話をしてくれる。

そんな機会って、今となっては皆無に等しいのではないかしら。

 

子供の頃、戦争の体験話は祖母から聞いたことがありました。

けれども、地元の神社や祭りの、由来にまつわる話を聞いた記憶はありません。

教えて貰う、話を聞く以前に、教えてくれる人がいないんですね。

だからどんどんと伝承されてきた先人の思いとか、あったであろう出来事が忘れ去られていく。

そして祭りが何たるか・・なんて意識は薄れていって、「祭り=イベント」みたいな感覚になっていってしまう。

何のための祭りなのか、本来の目的からズレてしまっているように思います。

 

「祭り」の本質

私は祭りは神事なのだと認識するようになりましたが、神事はいつから行われているのでしょうか?

古い歴史のなかで有名なのは卑弥呼でしょうか。

「骨を焼き、割れ目を見て吉凶を占ったりして、巫女(シャーマン)であった可能性が高い。」と、調べるとあります。

神と繋がりご神託を得て、それを伝えて治世に活かしていたのではないかと思います。

卑弥呼の時代以前から、そしてその後の時代でも、そういう事がなされてきたのは事実だと思います。

祭祀と治世は、ずっとセットだった。

そこが混同されると、世の中が乱れるというのか・・そういう歴史の事実はあると思います。

 

今は象徴で在らせられるけれど、日本の祭祀の最高者は天皇陛下なんですよね。

まだまだ勉強不足で詳しくはないのですが、今でも昔ながらの形式で神事をされていらっしゃいます。

宮中祭祀で、天皇は国家と国民の安寧と繁栄を祈る祭祀をされていらっしゃるのです。

 

大元に幸せへの祈りがあって、神々が祀られた神社が各地にあって、神々に五穀豊穣・平穏無事を祈り、恵みに感謝する祭祀がある。

簡単に言ってしまうと、そういう事が祭りの本質なのではないかと思います。

 

 

日本の信仰

宗教と信仰は違うと思っています。

宗教・・というと、何か怪しいような、そんな刷り込みがあったりしますしね。

キリスト教を代表として、他の国で信仰されているのは殆ど「一神教」です。

そこが日本と全然違いますね。

日本では神社にお参りして、お寺にもお参りします。

八百万の神と言われるように、「多神教」です。

宗教が違っていても、争ったりしません。

どんな神様仏様にも手を合わせて拝みます。

 

その根底にあるのは、森羅万象、全てに神が宿っているという「神道」なのではないでしょうか。

言ってみれば「自然崇拝」です。

太陽があって、大地があって、雨が降って・・

そういう自然の循環の恵みの中で、私達は生活し、その恵みを受けて育ったものを頂いている。

自然の恩恵、恵みの全てが神様で、そのおかげさまで生かされているのだから感謝する。

ただシンプルに、それだけなんじゃないでしょうか。

そこから信仰が生まれて、神社ができて、ずっと受け継がれてきた祭祀・祭りがあるのではないかと思います。

 

信仰と人格形成は繋がる

神社やパワースポットとか、多くの方々が参拝に行かれますね。

もし自分が神様だったら、どんな人の願いを叶えてあげようと思うでしょうか?

どんな人だったっら、力を授けたいと思うでしょうか?

 

お願いするだけしておいて、努力もしない人の願いなんて、叶えてあげようとは思いませんよね。

感謝のない人に、力を授けようなんて思わないと思います。

どんな心構えでどんな行動をしているか、神様は全部お見通しだとしたら、自ずとどう在るべきなのか分かってくるのではないでしょうか。

信仰が深かった頃は、そういう事からも道徳教育や人格形成へと繋がるものがあったのだと思います。

 

CGS番組のご紹介

日本の信仰を理解することから、祭りに対する意識が変わりました。

そんな私なので、数年前まで「神道」のことも全然知らなかったのです。

専門的なことは、CGS番組をご紹介致しますので、是非ご覧になってみて下さい。

本当はすごい神道

第1回 神道は日本のアイデンティティ【CGS 山村明義】

https://youtu.be/6ZHwkPRsoAc

 

神道から考える理想の教育とは?【CGS 小坂達也 本当はすごい神道 お正月特番その3前編】

https://youtu.be/dRYRczcFMcY

 

 

まとめ

何事も本質を忘れてしまうと、目的がズレていってしまいます。

祭りがただの商売絡みのイベントにならないように、祭りに対する意識を今一度見つめ直してみても良いのではないでしょうか。

伝統文化の由来を知ろう!

地域の伝承の由来を知ると、自分の住んでいる地域に愛着が湧きます。

地域だけでなく、日本の国の成り立ちについても、理解が深まるでしょう。

地域や学校教育で、そういう学びができると良いのですが。

 

根本がわかると、祭りの意義のみならず、全てにおいて取り組む意識が変わっていきます。

長い歴史の中で育まれ、伝承され受け継がれてきたものがあることに感謝して、これから先も繋がっていくように。

日本の信仰・伝統文化は、世界に誇れる素晴らしいものなのですから。

 

ご縁に感謝します。

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す