起きている物事に対して、最初に必要となる意識は、「あるがままに受け止め受け入れる」事だと私は思います。

その上で、どうすれば良いのかを考えて実行する。

その繰り返しの積み重ねが、その人の生き様となるのではないでしょうか。

一生が全て順風満帆な人は、まずいないでしょう。

様々な困難や悩みがあるからこそ、乗り越えた先に人としての大きな成長がもたらされます。

コロナウイルス感染拡大に纏わる出来事を、どのように受け止めていますか?

今回は、ウイルスに関しての、私の受け止め方をお伝えします。

 

 

困難は歴史の大きな転換期

 

無限にあるかと思われる程の“尊い命”の連鎖があり、長い年月を生き延びてきた末裔として、今私達はここにいます。

人類はこれまでに数え切れない程、多くの困難に直面してきたことでしょう。

 

ちょっと振り返っただけでも、東北はじめ各地で大きな地震の被害がありました。

台風や大雨の被害も、火山の噴火による被害も、戦争での原爆の被害も・・

自然災害や戦争だけではありません。

感染症であっても同じで、古くは紀元前429年に「アテナイのペスト」の流行の記載があるようです。

他にもハンセン病・コレラ・麻疹・天然痘・結核・チフス・インフルエンザetc.etc.・・・

実に多くの感染症に、これまで向き合ってきたのです。

 

人類の歴史を振り返ると、その度に大きな転換を迎えてきた史実があります。

 

新型コロナウイルス関連で、多岐に渡る影響がある中、多くの情報が行き交っている現状があります。

間違った情報や、嘘の情報もあるため、何が真実であるのか掴みにくいですよね。

であったとしても、起きていることを先ずは受け止めなくてはなりません。

 

 

地球で生きる私達

 

私達は、地球で生きています。

大地の上で、呼吸をして、食べては排泄し、人との交わりと関わりを持って生きています。

太陽が昇って朝になり、沈んで夜となり、潮は満ち引きをし、風が吹き、雨は降り、川は流れています。

そんな大いなる自然の営みと循環の中で、人は暮らしています。

 

多くの恩恵、恵みを頂いています。

空気がなかったら、人は息ができません。

太陽がなかったら、全ての生命体は生きていけないでしょう。

ただ「そこに在る」というだけで、尊いものです。

 

人が空気を自由自在に作り、操れるものではありません。

人が雨を自由自在にコントロールして、降らせたり止ませることなどできません。

太陽を西から昇らせることなどできません。

人智の及ばぬ力が働いている中にあるからこそ、人は生きていけるのです。

私達はその地球と共に生き、生かされているのです。

 

 

ウイルスが「0」になることはない

 

人間の浅知恵ですることなど、そんな大いなる力や働きと比べれば、取るに足らないものです。

 

PCR検査は、本当に正確なのでしょうか?

 

新型コロナウイルスは、変異しやすい特徴があります。

どんどん変異するウイルスを、検査でどこまで正確に判断できるのかと、私は単純に疑問に思います。

 

だから、ワクチンに関しても同じように考えます。

インフルエンザワクチンがそうであるように、ワクチンを打ったからといって、絶対に感染しないという事はありません。

 

今後、新型コロナウイルスに対する薬やワクチンが出てくるでしょう。

それを多くの人達は期待し、待ち望んでいるかも知れません。

しかしながら、そのワクチンが、変異するウイルスにどこまで有効に効くのかと、甚だ疑問に思います。

 

それよりも、多くの人が薬剤漬けになるような方向性があることに、非常に危険性を感じます。

 

薬やワクチン開発の裏側に、どんな背景や意図があるかを調べてみてはいかがでしょうか。

 

どんな経緯であったとしても、コロナウイルスが世界に広がった事は事実でしょう。

見えないウイルスがどれだけあったとしても、その地球と私達は共存しています。

コロナウイルスだけでなく、見えない他のウイルスや菌や微生物と一緒に暮らしているのです。

それら含めて、全てが共同体

いくら感染したくないと思っても、ウイルスが「0」になることは決してありません。

共存していくしかないのです。

 

 

治すのは自分の身体

 

人間の身体の働きにも、見えない力が働いています。

 

心臓を、自分の意思で自由に動かしたりはできません。

爪は爪となり、髪は髪の細胞となって生えてきます。

暑ければ汗をかいて、喉が渇きます。

 

人間の身体の成り立ちや仕組みも、生きていること自体「神秘」と言えるでしょう。

全てがとっても上手く出来ているのです。

 

それに、元々人間の身体は“菌”と共生しています。

“菌”がちゃんと働いてくれているから、健康が保たれると言っても過言ではないと思います。

 

それを過剰な「殺菌」「消毒」によって、本来身体が持っている抵抗力を、返って弱めてしまう傾向があります。

薬やワクチンと同じように、薬剤に過度に頼るのは、危険因子が多分にあるのではないでしょうか。

 

日本には古くから受け継がれてきた、食文化や生活様式があります。

そういうものの中に、沢山の知恵があったりするものです。

改めてその素晴らしさを再認識する、今はその良い機会かも知れません。

 

どんな病であっても、治すのは自分の身体

 未病の内に予防する生活習慣が大切。

 一番は自分の身体の力を高めること。

 免疫力・抵抗力・回復力しかり、

 精神的健全さも必要。

それらを高めることが大前提です。

 

 

恐れ抵抗することの弊害

 

見えないウイルスが在るという事実は変えられません

 

感染者を出さない、感染を広げないために、マスクをしたりアルコール消毒をしたり、

ソーシャルディスタンスや自粛も、一時的には必要かも知れません。

 

それよりも私が危惧するのは、人々の想念です。

 

ウイルスに対する恐怖もさる事ながら、生活環境の変化に伴う不安や心配、疑心暗鬼・・

そういった多くの人が感じる思いが、地球全体のエネルギーに影響するからです。

 

そして過度な殺菌消毒をし、コロナウイルスに対抗する薬やワクチンを求める。

 

目に見えない恐怖に怯え、ウイルスに負けるなと抵抗すればする程、ウイルスそのものも抵抗しようとするでしょう。

ウイルス自体が更にその力を強める可能性があるのです。

 

そんな事、どうして言えるのかと思われるかも知れませんが・・

生存の欲求とでも言いましょうか、自然の摂理としてそういう力が働くんですよね。

そんな事になっていったら、いつまで経ってもイタチごっこです。

 

人智の及ばぬ力が働く地球上に、人とも共存している存在として、ウイルスはあるんだな・・

くらいに捉えていた方が、今後の拡大防止に繋がるように思います。

 

 

「自然体」で生きる

 

私は「自然体」という言葉がとても好きです。

自然体で生きたいと思うし、自然環境も大切にしたい

シンプルに、ただそういう思いがあります。

 

だから、人の身体や自然が元々持っている力を、高めたり活かしたいと思います。

その逆に作用しかねない、化学的な合成物質などを使用する事に、抵抗感を感じます。

 

考えてみて下さい。

この数十年の間に、合成の化学物質がどれだけ増えて来たかを。

便利になったとは言え、それらが日常的に使われています。

 

年月が経つごとに、どんどんと自然環境は汚染され、見えない部分で健康被害を受け続けて来たのです。

薬や薬剤も、必要な時はありますが、出来るだけ必要最小限にしたいものです。

 

私は、コロナウイルスのワクチンが出たとしても、接種はしません。

 

ウイルスに感染しようが、他の病気だろうが、たとえ事故や災害にあったとしても・・

人は必ず死ぬのです。

 

見えない物に恐怖を抱いて過ごすより、日々”命のありがたさ”を感じ、

昨日よりも今日。

今日よりも明日。

一日一日、より良く生きることが大事だと思っています。

 

身体は死んだとしても、魂は永遠ですしね。

 

コロナ渦から求められる事

これまでの価値観を見直す。

本当に大切な物事へ原点回帰する。

コロナ関連の様々な出来事は、それを教えてくれているのではないでしょうか。

 

「あるがままに受け止め受け入れる」ことは、諦めとか優柔不断ではありません。

「愛ある強さ」がなくては出来ないことです。

 

ウイルスとは共存していくのだと覚悟しましょう。

そうすることによって新たな叡智も生まれ、人類は賢くなって行くのでしょう。

 

自然の持つ大いなる力を活かして、あらゆる見えない存在とも共存共栄して行くにはどうすべきか?

 

よくよく考えて、これまでを見直し、出来る意識をしてやれる事をしていきましょう。

ひとりひとりの意識で、これからの明るい未来を創っていけます。

 

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す