増税されて嬉しいですか?【政治に関わる意識を目覚めさせよう!】

 

昨年10月から消費税が10%になりましたが、増税されて皆さん嬉しいですか?

今年は東京オリンピックがありますが、カルロス・ゴーン氏が逃亡できるような状況や、最近ではコロナウイルスの懸念があり、今の対応で安全に万全に開催されるのか?と思ってしまいます。

どこに住んでいて、どんな暮らしをしていても、そこが「日本」であるのなら、全ての人に関っているのは「政治」です。

直接関係ないと思っていたり、政治に期待していない、期待以前に関心もない・・かも知れません。

そうであっても、日々の当たり前のような暮らしに、様々な法律や税制・規制などあらゆる「政治」での決め事が関係しています。

その「政治」で、日本国民の幸福を思い考え、日本の未来を良くする政治がされているのでしょうか?

嬉しくない増税をされて、国民の民意が反映されていると言えるのでしょうか?

そう疑問に思うなら、より良い未来のために軌道修正すべくちゃんと考えて、新たなムーブメントを起こして行きませんか?

 

私が「政治」に対して思っていたこと

 

若い頃は・・

私は特に政治に興味はありませんでした。

若い頃はTVのニュース番組はつまらないから見なかったし、小さな文字が羅列している新聞も読みたいと思いませんでした。

選挙が近づくと、うるさい選挙カーにうんざりでした。

自営の嫁ぎ先では、商売人は選挙に関わってはいけないと言われました。

これまで参加できた選挙の投票には行っていますが、一国民として政治に関わる機会は選挙ぐらいなものです。

 

政治不信

世の中の事も知らないといけないな・・と思うようになってから、TVのニュース番組を見たり、新聞も読むようになりましたが・・

当時の私は、TVのニュースは、真実や本当の事を報道するものだと思い込んでいました。 😯

今から思うと、完全に洗脳されていた状態です。

政治の話題にも関心を持つようになり、選挙前は投票するための参考にしようと見ていました。

 

投票には行くけれど、選挙に行っても何も変わらない。

総理大臣はコロコロ代わるし、一体何やってんだ?・・って感じ。

民主党政権に変わった時、これで少しは良くなるのかな・・と思っていました。

 

そしてあの東日本大震災が起きました。

 

政治は当てにならない

本当に大変な状況であるにも関わらず助け合い、争うことなく順番を待つ行列・・

日本人にとっては当たり前のようなその光景が、海外からもの凄い称賛を受けました。

それが私にとっては驚きでした。

世界と日本の価値観が全く違うのだという事を、知っていくきっかけになりました。

 

それにしても政府の対応の悪さ、報道の曖昧さには辟易しました。

やっぱり政治は当てにならない。

報道もいい加減。

大震災は人工地震だと聞いたこともあり、自分で真偽を確かめたく、色々調べるようになりました。

 

追求していった疑問

一体この世の中は、世界はどうなっているのか・・?

どうしたらより良い世の中へとなっていくのだろう・・?

そうして「Harmony Onenessの構想」をイメージするようになり、実現させる仕組みを創りたいと思いました。

 

 

そんなイメージをしながらも、ずっと、政治は当てにならないから、当てにはしないと考えていました。

法律や規定は解釈の仕方で、何とでもなる。

民間の力や知恵を結集すれば、何とかなる。

一般人が動くことで始まり、変わっていけると思っていたのです。

 

 

政治の「政」は「まつりごと」

 

ネットサーフィンで見つけたCGS番組

ずっと政治では変わらない、良くならないと思っていましたが、そもそも「政治」とは何ぞや?という所から本当に沢山のことを学ばせて頂きました。

今回は、私が「政治」というものの見方が変わっていった番組をご紹介致します。

2013年に配信された動画ですが、幾年経とうが真髄となる部分は変わりません。

 

第1回 投票判断の源?若者が良い政治を作るため、先人に学ぶ叡智!

【CGS 藤井聡 政治の哲学】

https://youtu.be/T82rJP39YW8

 

藤井 聡 先生『じっくり学ぼう!政治の哲学』シリーズは、全16回あります。

詳しい概要や動画は、こちらからご覧くださいね。

 

イシキカイカク大学で、藤井 聡 先生の講義を直接受けました。

時にとても楽しくもありながら真剣で、情熱や賭ける思いがヒシヒシと伝わってくる、とても濃く充実した学びを頂きました。

 

イシキカイカク大学は4期まで。 2020年2月で終了しました。

ですが、学びを深めてイシキカイカクする機会を得たい方は、こちらにチャンスがありますよ!

 

 

 

政治は誰がやるかで変わる

政治は誰がやっても変わらないと思っていた私でした。

けれども、それはただ知らなかったから、そう思っていたのかも知れません。

 

世の中が本当に良い方向に向かうのは、哲人が政治を行う時。

「哲人」統治の前提

● 天地の理(ことわり)、道理を理解している

● 正しい判断基準となる思想哲学を持っている

● その上で正しい選択を判断し、決断する力がある

 

そんな哲人、どこにいるんだ?と思いますよね。

そうじゃない人達が政治権力を握るから、おかしな世の中になるのです。

 

沢山学んで知ったことで、国内外での色々なしがらみ・利権・思惑・思想が、複雑に絡んでいる現状とその原因がなんとなく掴めています。

だから、一朝一夕にはいかない事は多々あるでしょう。

 

哲人かどうかは置いといて・・

志を持って自らを磨き、真剣に日本の未来を考え、どう在るべきかを懸命に訴え、命を削って活動されている方々はいらっしゃいます。

そういう方々をみんなで支援し、応援していける体制作りが求められます。

 

 

民度が政治に表れる

 

民主主義は、「選挙」で政治を担う代表(政治家)を決めます。

<国民の民度>

選ぶ側の民度が高ければ ⇒ 選ばれる代表者のレベルは高い。

民度が低ければ ⇒ 代表者のレベルは低下する。

 

政治家を選んでいるのは国民なのだから、政治家が不甲斐ないのは国民が不甲斐ないからということになります。

選挙の投票にも行かない人が多い昨今、土俵にも上がっていない・・

そんなだから、増税されても仕方ないですよね。

 

増税する背景には何があるのか、本当に増税が必要なのか、政治に無関心だと考えも及ばないのでしょう。

「必要以上の税を集めるのは 合法的強盗である」

この言葉、どう思いますか?

ちょっと前にCGS番組で見たのですが、1920年代の第30代大統領カルビンクーリッジの言葉だそうですよ。

実際にそうされているのではないのか?・・と、考えてみても良いのではないでしょうか。

 

選ぶ国民側の民度が上がれば、選ばれる政治家はレベルアップします。

 

 

ムーブメントを起こす

 

しかしながら、気づいていない人が気づくのを待ってばかりはいられません。

底上げするには、気づいた人がムーブメントを起こして行くしかないのです。

 

巻き込むエネルギー

それいいじゃん!

楽しそう!

面白そう!

関わりたい!

これなら出来るかも!

 

こんな風に、無関心だった人達を巻き込んで行けば良いと思います。

この「楽しむエネルギー」は、政治に限らずどんなシーンでも活用できます。

 

そんな動きがいよいよ発動しようとしています。

私自身なんだかとても楽しみで、できる応援がしたいので、こちらの動画もご紹介致します。

 

「4/11」に何かが起こる!?ムーブメントを起こしたい!!

【政党DIY KAZUYA×神谷宗幣×渡瀬裕哉】#37

https://youtu.be/K-AGfHQQG2E

 

 

 

「政治」に無関心でいるな!

自分ごととして捉える・考える

人任せにしない

日本国民のひとりだと言う、自覚を持って関わる

日本の未来を担っていく子供達への、大人の責任

 

関心はなくとも、生活に密接に関わっている「政治」です。

ブログを書きながら、自分自身の意識の変化に驚いてもいますが、

これから何かが変わっていく!

動き出す!

そんなエネルギーを感じてワクワクしています。

 

ご縁に感謝します。

 

 

意識を変えて ワクワクの未来を創ろう

 

 

 

 

光花

本来あるべき幸せな生き方とは?

自然と共生・調和しながら、全ての人がひとりひとりの良さを最大限に発揮して、それぞれの役割で助け合い支え合い、喜び・幸せを分かち合っていく。

そんなHarmony Onenessの未来を

実現しませんか?

 

コメントを残す